台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2014年2月17日月曜日

    「台湾の声」【警鐘】 Taiwan is not Republic of China

    【警鐘】Taiwan is not Republic of China

    Taipei Times 2014/01/26/

    By Li Thian-hok


    Former Democratic Progressive Party (DPP) chairperson Tsai Ing-wen (蔡英文) said: "Taiwan is the Republic of China, the Republic of China is Taiwan."
    Recently, she said her formulation should be the basis of a "Taiwan consensus" with which the DPP may engage the People's Republic of China (PRC).
    Strictly speaking, Tsai's statement makes no sense. The Republic of China (ROC) is a government, not a state.

    The Chinese state, founded 3,500 years ago along the banks of the Yellow River, is a permanent entity, as opposed to various dynasties and governments which are transitory.
    Taiwan is a geographical designation describing an island in the middle of the first island chain in the Western Pacific. It is incorrect to equate two disparate things, a government and an island.

    TERRITORIES

    Perhaps Tsai's statement is her shorthand way of saying that the ROC government exercises effective control of Taiwan and that its control is limited to Taiwan.
    Narrowly interpreted, the statement does reflect reality.
    However, to claim that the ROC is Taiwan and vice versa may mislead many people to believe that the ROC government is sovereign over Taiwan, or that Taiwan is part of a greater China.

    After all, the ROC was founded in China and President Ma Ying-jeou (馬英九) claims that ROC territory encompasses both Taiwan and China.
    The ROC has no sovereignty over Taiwan.

    In the 1895 Treaty of Shimonoseki, China conceded to Japan in perpetuity full sovereignty over the islands of Formosa and the Pescadores.
    In the 1951 San Francisco peace treaty, Japan renounced all right, title and claim to Formosa and the Pescadores, but no beneficiary of Taiwan's sovereignty was named.

    The ROC government may claim sovereignty over Quemoy [Kinmen] and Matsu.
    It has no legitimate claim over Taiwan and the Penghu islands.
    The official position of the US is that the international status of Taiwan is undecided and that Taiwan is not part of China.

    GLOBAL STATUS

    Although the US government does not often enunciate this position for fear of offending Beijing, it has on occasion made its position clear.
    In March 2007, UN Secretary-General Ban Ki-moon stated in an official letter that in accordance with the UN General Assembly Resolution 2758, the UN considers "Taiwan for all purposes to be an integral part of the People's Republic of China [PRC]."

    In August 2007, the US sent a demarche to Ban stating: "If the UN Secretariat insists on describing Taiwan as a part of the PRC... the United States will be obliged to disassociate itself on a national basis from such a position. It is crystal clear of US policy on Taiwan."

    Although the US has severed diplomatic relations with the ROC, it adopted the Taiwan Relations Act (TRA) on April 10, 1979, to regulate relations between the US and the people of Taiwan.

    The TRA affirmed the preservation and the enhancement of the human rights of all the people on Taiwan as US objectives.
    It states that any effort to determine the future of Taiwan by other than peaceful means is a threat to the security of the Western Pacific and of grave concern to the US.

    Further, it states that it is US policy "to maintain the capacity of the United States to resist any resort to force or other forms of coercion that would jeopardize the security, or the social or economic system, of the people on Taiwan."

    The US position that Taiwan's legal status is yet to be determined and that Taiwan is not part of China is the very foundation of the Taiwan Relations Act.
    If a majority of the people on Taiwan decide that the ROC does have sovereignty over Taiwan and/or that Taiwan is part of China (either the ROC or PRC), then the TRA will be abrogated, since the US cannot intervene in the domestic affairs of foreign nations.

    With the demise of the TRA, annexation of democratic Taiwan by the authoritarian PRC will inevitably follow.
    So the notion that "Taiwan is the Republic of China, the Republic of China is Taiwan" can have far-reaching implications.

    US POSITION

    It can mean that those who abide by the concept are willing to abandon Taiwan's hard won freedom and accept the Chinese Communist Party's (CCP) repressive rule, and are willing to fight on the front line of a future conflict between the People's Liberation Army and the US and allied democratic nations.
    Just as in World War II, the people on Taiwan will then be exposed to massive attack by US and allied forces since the PRC will undoubtedly turn Taiwan into a major military base from which the PLA can project its power into the Pacific and Indian Oceans.

    On March 22, 2006, Ma, the then-mayor of Taipei, promised in a speech at the American Enterprise Institute in Washington that if elected president of ROC, he would make the negotiation of a peace accord with Beijing his priority.
    He was then asked whether he owed allegiance to China or Taiwan. His answer: the Republic of China.

    This is disingenuous. If he is genuinely loyal to the ROC, how can he strive to surrender Taiwan to the PRC thereby destroying the ROC and thrusting the 23 million Taiwanese into servitude under the CCP's iron grip?
    True to his words, Ma has adopted a policy of incremental capitulation since his ascension to power in 2008.

    INTIMIDATION

    This unification by stealth is done in many ways: through unilateral dismantling of Taiwan's national defense; the deliberate weakening of Taiwan's economy via an outflow to China of capital, technology and skilled manpower; expanding infusion of Chinese immigrants into Taiwan; degrading of Taiwan's status into a region of the PRC and intimidation of pro-Taiwan activists with threat of imprisonment, fines and bodily harm.

    The movement toward a peace accord is increasingly evident.
    In a New Year's Eve article, Institute of Taiwan Studies in Shanghai deputy director Ni Yongjie predicted that Ma would likely meet with Chinese President Xi Jinping (習近平) this year. Mainland Affairs Council Minister Wang Yu-chi (王郁埼) said this year's APEC leaders' meeting in China would be an "appropriate occasion" for such a meeting. Ni added that the meeting would be a "historic event that shakes the world, that changes cross-strait relations, that changes China and even influences the entire world." ("Cross-strait summit likely, expert say," Jan. 2, page 3).

    ANNEXATION

    The likelihood of Taiwan's annexation by China by the end of Ma's presidential term in early 2016 is increasing for several reasons.
    First, Taiwan is weak and susceptible to Beijing's pressure. After years of excessive investment in China, the island's economy is stagnant and increasingly dependent on the Chinese market and Beijing's control.
    Taiwan's military lacks readiness and the morale is low.
    By accepting the designation of "Chinese Taipei" to join the World Health Assembly, Taiwan has degraded its international standing.
    Second, the Chinese Nationalist Party (KMT) is reverting to its autocratic roots.

    The freedoms of speech and assembly have been eroded. The judiciary is now KMT's political tool to harass and destroy any political opposition.
    Third, the opposition is split between those who support the ROC framework and dream of electoral victory to seize power in the 2016 presidential election — a virtually impossible task — and those who want to preserve a democratic Taiwan independent of China through overthrow of the ROC government, through civil disobedience, mass protest and other means.

    Thus, there is no cohesive, effective force to stem the drift toward ruin.
    Fourth, the main opposition party, the DPP, is increasingly copying the KMT's pro-unification agenda. Former Straits Exchange Foundation president Hong Chi-chang (洪奇昌) will reportedly advocate for the establishment of a committee to promote peaceful development across the Taiwan Strait.

    Hong will also endorse former premier Frank Hsieh's (謝長廷) "two sides, two constitutions" proposal ("Heated debate expected at DPP meeting," Jan. 8, page 3).

    Cutting through the fog of coded phrasing, the proposal is that the DPP should now compete with the KMT to advance the signing of a peace accord and that after Taiwan's surrender, the nation should be governed by a variant of the "one country, two systems" model.

    DEMOCRACY

    Since Hong is a heavyweight leader of DPP's most influential faction, the New Tide, his initiative must be taken seriously.

    Finally, the next two years will be the most opportune time for the PRC to achieve the annexation of Taiwan because Taiwan's potential ally the US is headed by President Barack Obama, who is most deferential in engaging with Beijing and who, unlike previous US presidents, has not praised Taiwan for its democratic achievement, and unlike the US Congress, has failed to reaffirm the Taiwan Relations Act on its 30th anniversary.

    Beijing can easily assume that Obama will acquiesce in a peaceful absorption of Taiwan by the PRC.

    The survival of democratic Taiwan is increasingly precarious.
    Those who want to keep the nation's freedom must quickly develop the capacity to effectively resist the signing of a peace accord. They must loudly demonstrate they want an independent and free Taiwan, aligned with all democratic nations of the world. They must clearly declare: Taiwan is not the Republic of China, Taiwan is not part of China.






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    「台湾の声」【 2 月 22 日】羽生浩一氏と澤英武氏を講師に「第 15 回台湾セミナー」を開催

    【2月22日】羽生浩一氏と澤英武氏を講師に「第15回台湾セミナー」を開催


    日本李登輝友の会メールマガジン「日台共栄より転載


     NHKが2009年4月に放映した「JAPANデビュー」の第1回「アジアの"一等国"」は、放送
    直後から日本でも台湾でも批判が巻き起こり、出演者も原告となって提訴し、未だ最高裁で継続中
    だ。NHKの報道番組ディレクターとして国内外の取材経験も豊富な東海大学准教授の羽生浩一氏
    (本会理事)に、この問題が起きた背景、さらに対外広報的に及ぼす影響をテーマにお話しいただ
    きます。

     また、産経新聞のボンやモスクワ特派員として活躍した外交評論家の澤英武氏(本会常務理事)
    には、中国の意に反する報道をしてはならないなどとする日中記者交換協定に縛られている中国報
    道や、産経新聞を除く新聞各社が中国の要求を呑んで支局を開いて記者を常駐させるようになった
    経緯、台湾報道の現状などについて、報道の自由をキーワードにお話しいただきます。

     ご参加の方は、申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込み下さい。

                                        日本李登輝友の会

                        記

    ◆日 時:平成26(2014)年2月22日(土) 午後6時〜8時30分(5時45分開場)

    ◆会 場:文京シビックホール 3階 会議室1
         *正面玄関入って右手のエレベーターをご利用下さい。
          東京都文京区春日1-16-21 TEL:03-5803-1100
          【交通】地下鉄:丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩2分
              都営三田線・大江戸線 春日駅 徒歩3分
              JR総武中央線 水道橋駅 徒歩10分
         http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html

    ◆講 師:羽生浩一氏(東海大学准教授・本会理事)

    ◆演 題:歴史検証番組の危うさ〜NHK・JAPANデビューの背景と影響

          [はにゅう・こういち] 昭和42年、大阪生まれ。早稲田大学卒業後、NHK報道局に入
          局。報道番組ディレクターとして番組制作に携わる。NHKエンタープライズ・ヨー
          ロッパやBBC、APTN、JSTVで番組ディレクター、プロデューサーなどを歴任。早大大
          学院博士課程後期単位取得。平成18年より現職。専門はジャーナリズム、広報外交、
          平和問題。制作番組にNHKスペシャル「テロを止めた対話〜ノルウェー外務省秘密交
          渉の記録」など。

    ◆講 師:澤英武氏(外交評論家・本会常務理事)

    ◆演 題:日本ジャーナリズムと中国報道

          [さわ・ひでたけ] 昭和3年、静岡県生まれ。昭和20年、海軍兵学校(第77期)に入校
          するも終戦。旧制二高から東京大学工学部卒業後、同28年、産経新聞社入社。同33
          年、産経新聞を退社して第3次南極観測隊に参加するも翌年に復職し、ボン、モスク
          ワ特派員などを経て編集委員。昭和63年に退社後、外交問題を中心に評論活動を展
          開。主な著書に『アンドロポフ書記長への手紙』『ソ連が消える日』など。

    ◆参加費:1,000円(会員) 1,500円(一般) *当日ご入会の方は会員扱い

    ◆申込み:申込フォーム、メール、FAXにて。 *2月21日(金) 締切 当日受付も可

          申込みフォーム:https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/m85qxmzjhqch
          E-mail:info@ritouki.jp  FAX:03-3868-2101

    ◆懇親会:講師を囲んで会場の近くにて
          [参加費=男性:3,000円 女性:2,500円 学生:1,000円]

    ◆主 催:日本李登輝友の会
     〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9 西ビル2A
     TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp

    -----------------------------------------------------------------------------------------

    2月22日「第15回台湾セミナー」申込書

    ご氏名:

    会 籍:  会員 ・ 一般 ・ 入会希望

    お電話:

    メール:

    懇親会:  参加 ・ 不参加

    ——————————————————————————————




    日台共栄を主旨とする不動産会社「共栄社」 http://nt-kyoei.co.jp/index.html


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2014年2月14日金曜日

    「台湾の声」【評論】台湾が中華民国で無いことを認めた馬政権

    「台湾の声」【評論】台湾が中華民国で無いことを認めた馬政権

    作者:多田恵 2014-2-14

    [自由時報 2014-2-14 に掲載されたものを翻訳。原文は末尾に掲載]

    王郁[王奇]が正式に中国を訪問した。1949年以来はじめての正式な会談と報道されている。これはどんな意味を持つのだろうか。どうしてそれほど長いあいだ、そうしなかったのであろうか。

    もし台湾の現行憲法が守るべきものであり、馬政権が中華民国政府であるならば、王郁[王奇]は公的な身分で中山陵に参拝してはならなかったはずである。連戦が訪中したときの身分は党の名誉主席であり、中国では「連おじいさん」と呼ばれた。「中華民国」の官僚が中国に行ったら、それは「中華民国」が(その領土について)主権を持っていないこと、および、中華民国がすでに滅亡した事実を承認することになる。中華民国の固有の領土を回復できないことにとどまらず、他のものが有効統治を行っていることを認めることは、中華民国憲法の論理からすれば国家に対する叛乱である。

    しかし、王郁[王奇]は、馬政権が派遣したのである。もしこれが違法でないとすれば、それは、台湾がもともと中華民国ではなかったということ、その政府も中華民国政府ではなかったということを証明しているにほかならない。なるほど、中国の政府関係者が台湾を訪れた際に、台湾政府は「中華民国」旗を掲げることを許さなかったわけだ。台湾はもともと中華民国などではないのだから。

    台湾国の人民よ、おめでとう!馬政権はついに自らが中華民国でないことを承認した。私はまた台湾人民のために残念に思う:半数を超える人々が馬英九を総統にし、あなたがたは中国の特区になってしまった〔なぜなら台湾政府は中華民国政府ではないのに、台湾を中華民国の一部とし、台湾の当局として中国の当局を認めているから〕。残っているのは、中国が(台湾への)統治を深化させる前に、目覚めて新憲法を制定し、自らの国家主権を守ることである。もはや、そうすることによってしか中国と一線を劃すことはできなくなった。


    証明台湾不是中華民国 ◎ 多田恵 [自由時報 2014-2-14]

    王郁[王奇]以官方身分訪問中国,媒体報導這是一九四九年以来,首次正式会談。這到底有什麼意思?怎麼那麼久不這麼做?

    仮如現行憲法要遵守,且馬政権是中華民国政府的話,他其実不該以官方身分拝中山陵。連戦訪中的身分是党名誉主席且是「爺爺」。「中華民国」官員去了中国等於承認「中華民国」没有擁有主権,以及中華民国已経亡国之事実。不但不能恢復中華民国固有領土卻進而承認別人施行有効統治,憲法邏輯来説是叛国。

    但,他是馬政府派去的。如果這不是違法,就是在証明台湾原本不是中華民国,政府也不是中華民国政府。難怪中国官員来台時,台湾政府不准挙「中華民国」旗,因為台湾根本不是中華民国。

    恭喜台湾国人民!馬政権終於承認自己不是中華民国了。我也為台湾人民深感遺憾,是過半的人譲馬英九当総統導致[イ尓]們変成中国的特区了。剰下只有[走旱]在中国深化統治之前,覚醒制定新憲法,捍衛自己的国家主権,才能与中国劃線了。

    ---
    補充一下﹔
    面對中國, 
    1.我們不得不承認﹔ 「中華民國政府」沒有行使對中國(也就是「中華民國」固有領土)的主權.
    2. 也不得不承認中國當局才在行使對中國的主權.
    3.如果要面對台灣國內主張「台灣以及中國大陸都是中華民國」的話, 
    這樣就讓台灣隸屬於中國了.

    多田惠
    ---
    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


      


    「台湾の声」【3月2日】台湾 2 ・ 28 時局講演会のお知らせ 

    「台湾の声」【3月2日】台湾2・28時局講演会のお知らせ

     私たちの目指す台湾の独立とは「台湾が主権独立国家として国際社会に承認されること」です。台湾の将来を担う有望な人材が、1947年の228事件、及び、それに引き続く政府によるテロ(白色テロ)の時代、10万人余りも犠牲になりました。その負の遺産を語り継ぎ、将来に生かすことが大事だと考え、今年も講演会を行います。

     講師に台湾から蔡焜霖氏をお招きし、無実の罪で10年間緑島に投獄された体験談をお聞きすることにしました。なかなか聴くことのできない貴重なお話ですので、どうぞお誘い合わせてお出でかけ下さい。

    【使用言語:日本語】

    蔡焜霖(さい・こんりん)氏:昭和5年、台湾台中州清水街(現台中市清水区)に生まれ、台中一中在学中、読書会に参加したことで、卒業後の1950年9月に逮捕。非法組織参加の罪で懲役10年の刑を課せられ、台湾本土の拘置所で8ヵ月、残り9年4ヵ月は火焼島(緑島)で服役。1960年9月に釈放後、淡江大学フランス文学科に学び、1966年に児童誌を創刊。1968年に台湾東部僻地の紅葉小学校の少年野球チームを援助して全国大会で優勝させたことにより台湾少年野球の黄金時代を現出する契機を作る。その後、実業界で活躍。現在、流暢な日本語を駆使して翻訳やガイドに活躍。蔡焜燦氏は実兄。

    ◆日 時 2014年3月2日(日) 14:00〜16:30 (13:30 開場)

    ◆会 場 京王プラザホテル 南館4階 錦の間

     東京都新宿区西新宿2-2-1 TEL:03-3344-0111
     【交通】JR「新宿駅」西口徒歩5分、 都営地下鉄・大江戸線「都庁前駅」徒歩1分

    ◆講 師 蔡焜霖氏

    ◆演 題 台湾の白色テロ 1950年代-その実情と現代における意義

    ◆参加費 1,000円 (学生無料)

    ◆懇親会 17:00〜19:00

     住友新宿ビル(三角ビル)49階「番屋」 【参加費:4,000円】

    ◆申込み 申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込みを。
     【締切:2月27日必着。ただし、講演のみの場合には当日現地での申し込みも可】

    申し込みフォーム
    https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a3c4cvo2t3l8

    E-mail: wufijapan@googlegroups.com FAX:03-3359-8475

    ◆主 催 台湾独立建国聯盟日本本部  TEL:03-3351-2757

    ◆後 援 在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、日本台湾医師連合、アジア自由民主連帯協議会、日台交流教育会、日本政策研究センター、日本李登輝友の会、メルマガ「台湾の声」、台湾研究フォーラム、日本文化チャンネル桜

    ------------------------------------------------------

    台湾2・28時局講演会 お申し込み書 【締切:2月27日必着】

    お名前:


    E-mail(*):


    講演会:( )出席します ( )欠席します

    懇親会:( )出席します ( )欠席します

    *メールアドレスは発信元と異なる場合のみご記入ください。今後のご案内に使わせていただきます。直接のご案内が不要な方はその旨をお書き添えください。


    ------------------------------------------------------


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    「台湾の声」【代官山】【フェア情報】台湾好塾特別講座「日台で考える、カルチャーが生まれる空間について」

    【フェア情報】台湾好塾 特別講座「日台で考える、カルチャーが生まれる空間について」2014年2月1日(土) - 2月26日(水) / 蔦屋書店3号館 1階 ブックフロア

    会期:2/1—2/26蔦屋書店3号館 1階 ブックフロア

    日本ととても近い距離にある台湾。
    親日家が多い国としても知られてきている台湾ですが、意外にも日本と台湾は国交が結ばれていません。
    でも、この二つの国、不思議と何かで結ばれている気がしませんか・・・?
    おいしいグルメ、マッサージなど観光としても超人気の台湾ですが、
    もっともっとその奥にある台湾カルチャーが、
    そして日本と台湾がクロスする「台日系カルチャー」が今、面白いんです。

    今回のフェアでは日本と台湾が重なる台日カルチャーの魅力について、
    またカルチャーが生まれる『空間』について、
    台湾カルチャーマガジンLIPとコラボレーションし、展開をしています。

    LIPの日台コミュニティーの中から注目の台湾と日本のアーティスト/クリエイターをご紹介。
    「LIP」新刊vol.12も代官山蔦屋書店限定パッケージです!
    今こうして台湾と日本で生まれる新しいカルチャーをご堪能ください。

    【コンシェルジュおすすめ!】
    ★代官山 蔦屋限定オリジナルパッケージの『Lip』最新刊
     今までのLIPとは少し雰囲気の違う、大人の雰囲気のLIPです。
     代官山 蔦屋書店オリジナルパッケージはLIPの新しいロゴと代官山 蔦屋書店のロゴが入った
     手作りの封筒にLIP最新号が入っています。
    ★台湾の山々をモチーフに作られたキャンドル『小山蝋燭』
    ★台中で活躍するライフキュレーターAJが率いるARTQPIEが手掛ける
     ブックシェアスペースでの記録が一冊になった『本冊別冊』

    開催概要
    会期:
    2014年2月1日(土) - 2月26日(水)
    会場:
    蔦屋書店3号館 1階 ブックフロア
    開館時間:
    7:00〜深夜2:00(営業時間)
    主催:
    代官山 蔦屋書店
    協力:
    カルチャーマガジン「LIP」
    お問い合わせ:
    03-3770-2525


     

    「台湾の声」台湾「2・28事件」沖縄で日本人被害者の会結成

    台湾「2・28事件」で県内被害者の会結成
    [琉球新報 2014年1月30日]

     1947年に台湾で推計2万人以上の死者を出した「2・28事件」の県内犠牲者遺族や支援者でつくる「台湾2・28事件、真実を求める沖縄の会」(青山恵昭代表世話人)の結成会が29日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで開かれた。犠牲者遺族ら約30人が参加した。同会は今後、台湾政府への犠牲者認定申請や証言者の調査などに取り組み、事件の真相究明を目指す。
     同会の前身となる「2・28事件沖縄委員会」の調査によると、現在判明している県出身犠牲者は青山恵先さん、仲嵩実さん、石底加禰さん、大長元忠さんの男性4人。遺族らはこれまで台湾政府に報告書を提出し、犠牲者認定と賠償を求めていたが、台湾以外の犠牲者を補償する法律がなく、賠償期間も2007年に終了したことから、暗礁に乗り上げていた。
     その後に台湾で賠償期間の延長を求める声が強まり、昨年5月に台湾立法院は賠償期間を17年まで延長する法律を可決した。これを機に県出身者遺族は「被害者の会」を結成し、あらためて台湾政府に犠牲者認定と賠償を求めることになった。
     台湾の基隆で行方不明となった仲嵩実さん(享年30)の遺族・清子さん(73)=浦添市=は「事件で闇に葬られた犠牲者を闇から救い出すことが遺族の強い願いだ。諦めることなく活動することが犠牲者の供養になる」とあいさつし、事件の真相究明を誓った。


    2・28事件の県人遺族ら真相求め会結成  
    [沖縄タイムズ 2014年1月30日 10:30]

     1947年に国民党政権が台湾人の抵抗運動を弾圧した「2・28事件」に巻き込まれた県出身者の遺族らが29日、「台湾228事件、真実を求める沖縄の会」を結成した。事件の真相究明や台湾政府による被害者認定作業を進める。代表世話人に就いた青山惠昭さん(70)は「犠牲者の無念を晴らすため連携しよう」と呼び掛けた。

     県関係者の被害を調査する「台湾228事件沖縄調査委員会」(代表・又吉盛清沖縄大学客員教授)によると、判明している犠牲者は、青山さんの父・惠先さん=当時(38)、仲嵩実さん=同(29)、石底加禰さん=同(39)、大長元忠さん=同(39)の4人。沖縄人集落があった基隆(キールン)や台北近郊で事件に遭遇した。

     会の結成に全遺族が賛同し、各家族から1人ずつが世話人に就任した。今後、台湾への被害者認定申請や、証言の聞き取りなどを進める。高齢化で被害認定申請に必要な資料の収集が難しくなり、申請期限が2017年5月と定められているため、台湾側と連携し早急に情報を集める方針だ。

     結成会では、又吉客員教授が当時、台湾には漁民を中心におよそ300人の県出身者がいたとみられるが日本政府が情報を伝えなかったために事件に巻き込まれたと指摘。「日本の対応も含めて問題提起が必要。事件を明らかにし、平和と友好を築こう」と訴えた。

     [ことば]2・28事件 1947年2月28日、台湾で起きた民衆の暴動事件。国民党の専制支配や台湾人差別が原因だったが、軍が2万人余を虐殺した。同党の馬英九総統は当時の政府の過ちを認めており、台湾では遺族への補償などが進んでいる。

    ---
    台湾の声編集部コメント:
    沖縄タイムズの解説欄では、馬英九が過ちを認めていると報道しているが、もともと政府の責任を認めたのは李登輝総統である。ただ、李登輝総統は被害者側の台湾人を代表する側面もあるため、中国人意識を持つ馬英九がこの見解を表面的であっても引き継いでいることは意味がある。

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html





    「台湾の声」【 2 月 15 日】TBS「世界ふしぎ発見!」で台湾開運紀行

    【2月15日】TBS「世界ふしぎ発見!」で台湾開運紀行

    【台湾週報:2014年2月10日】

     2014年2月15日(土)夜9時から放送予定のTBSテレビ系列「世界ふしぎ発見!」は、「金運・
    恋愛運・仕事運ぜーんぶアップ 台湾開運紀行」がテーマです。

     番組では、ミステリーハンターの白石みきさんが、台湾のパワースポットを巡ります。あらゆる
    運気をアップできるという台湾選りすぐりの開運スポットとは? 番組では台北101ビルの大晦日
    の花火大会の様子も紹介されます。

    TBS系列「世界ふしぎ発見!」

    第1307回「金運・恋愛運・仕事運ぜーんぶアップ 台湾開運紀行」

    放送予定日:2014年2月15日(土曜日)夜9時〜

    ミステリーハンター:白石みき(しらいし みき)

    詳細は以下のウェブサイトをご参照ください。

    TBS「世界ふしぎ発見!」
    http://www.tbs.co.jp/f-hakken/





    日台共栄を主旨とする不動産会社「共栄社」 http://nt-kyoei.co.jp/index.html


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2014年2月12日水曜日

    「台湾の声」【王明理】台湾は破滅への新ページに

    台湾は破滅への新ページに
                    王 明理(台湾独立建国聯盟日本本部委員長)

    昨日、大きく報道された「中台分断後初の閣僚級会議」「中台関係は新ページに」というニュースに台湾人の真の幸福を願う者は、憂慮を禁じ得ない。

    これは台湾の国民大多数の歓迎するニュースでは決してない。

    「台湾は中国の領土である。いずれ中国と台湾を統一する」と明言している中国と「政治的会話」の道筋をつけるために握手することが、どれだけ台湾にとって危険であり、マイナスであるか、これは明らかである。

    中国を訪問したのは「国民党馬英九政権」の大陸委員会の王郁[王奇]で、決して、台湾人の総意を代表するものではない。


    もう一つ、注意して頂きたいのは、担当閣僚級会談は1949年の"中台分断後"初めてという表現。

    中国と台湾は、分断されたことは歴史上一度もない。

    台湾の歴史は、有史以来、中国であったことは一度もない。

    あえて言えば、清王朝の植民地であったことがある(1683年—1895年)が、それは、台湾が植民地体制におかれた歴史のなかの、オランダ時代、鄭成功時代、清朝時代、日本時代、中国国民党時代のなかの一時代に過ぎない。

    1949年は、蒋介石軍団(中華民国)が毛沢東に負けて、台湾に逃げ込んできて、台湾に中華民国体制を強いた年度であって、中国と台湾が分断されたのではない。

    今回のことは、言わば、台湾に逃げ込んだ中国人が、65年ぶりに許されて中国大陸で現政権と握手したというのが事実であろう。

    それは、中国人同士の握手であって、台湾人の幸せとは全く別のものである。

    台湾人の願うもの。それは、台湾が基本的人権を保障された民主主義国家として、主権を国際社会に承認されることである。

    言論の自由もなく経済的にも破綻が見えている軍事独裁国家中国に併呑されて、すべてを失いたいと願っている台湾人はいない。

    2014.2.12

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html


    「台湾の声」【歴史の歪曲を許すな!】「中台分断」は中国人史観の押し付け

    【歴史の歪曲を許すな!】「中台分断」は中国人史観の押し付け

    2014.2.12

    中台関係で目にするニュースと言えば、双方で権力を握っている中国人同士の話し合いばかり。台湾人の意思を無視して、どこまで話が進められるのだろう。優しかった故・周英明先生が、「司馬遼太郎と台湾」の裏表紙で書いていたことを、思い出したので、シェアします。

    「・・・60年代、台湾から留学してきたばかりの私に、一人の心やさしい日本人が言った。『お国は二つに分断されてお気の毒です。早く中国が統一して、ばらばらの家族が再会できる日がきますように』。私は唖然とした。台湾人は昔も今も家族一緒に暮らしている。朝鮮やドイツの『分断の悲劇』など関係ないのだ。本当は話が逆で、将来台湾に起こりうるとしたらそれは無理やり併合される悲劇なのである」。


    ---
    編集部:

    今回、NHKは台湾当局と中国政府の担当者同士の会合について次のように報道している:

    「台湾で中国政策を担当する閣僚が中国を訪問し、1949年の中台分断後、初めてとなる閣僚級会談を行った」

    「中台分断」というのは、間違った表現である。本誌では、2005年の連戦訪中の際にこのことを指摘している(サーバー不調により、ネット上で引用されたものを再引用):

    ---
    「中台分裂」(中台分断)という用語は誤り

    4月26日に始まった連戦中国国民党主席による中国訪問について日本のマスコミのいくつかは一様に次のような報道を行った。

    「国民党主席の訪中は1949年の中台分裂後初めて」(共同25日)
    「国民党トップの訪中は1949年の中台分断後初めて」(朝日26日)
    「1949年の中台分断後初の国民党主席訪中」(讀賣26日)
    「国民党主席の訪中は1949年の中台分裂後初めて」(時事26日)
    「国民党トップの訪中は国共内戦に敗れて台湾に逃れた
    1949年以降、初めて」(日経26日)

    このように、日経以外はいずれも、「1949年の中台分裂(分断)」という文句を用いているが、これは歴史事実に照らせば誤りである。つまり台湾と中国が一つの国であるとの間違った前提に立っているから、そのような報道ミスを犯すのだ。

    そもそも「中台の分裂」(支那大陸政権からの台湾の分離)は1895年のことである。つまり下関条約で清国が台湾を日本に永久割譲した例しかないのだ。

    それ以降、台湾は国際法上、支那大陸政権に帰属することはなく、「分裂」というものは起こりようがないのである。

    たしかに支那大陸の中華民国政権は1945年に台湾を軍事占領した際、終戦のどさくさに紛れる形で台湾の中国復帰を宣言したが、当時まだ台湾は、国際法的には日本の領土であり、この「中国復帰」には何の法的根拠もなかった。

    その後1949年、支那大陸では中華人民共和国政権が樹立され、中華民国政権は不法占領中の台湾に亡命したが、台湾は当時、依然として日本の領土であり、これを以って「分裂」というのは正確ではない。

    日本が台湾に関する主権を放棄するのは後年のサンフランシスコ講和条約によってである。同条約では放棄後の帰属先に取り決めがなく、当然台湾の住民に帰属するものと考えられた(しかし中華民国亡命政権は住民自決を許さず)。

    しかしこの事実を中華人民共和国は断じて認めようとはせず、「台湾は古くから中国領土の一部で、・・・台湾に引き揚げた国民党はアメリカの支持の下で、すでに中国の合法的代表となった中華人民共和国に対抗し・・・それ以降、台湾と中国大陸の分離状態が56年近くも続きました」(北京放送25日)などといったデマを内外に向けて流している(そもそも「古くから」云々を強調すること自体、自己の主張の正当性に自信がないのだ)。「分離」とはこのように、中国が台湾欲しさに、歴史を捏造し、法理を歪曲して使っている言葉なのである。(略)

    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html



     


     

    「台湾の声」【 NEWS 】国民党:「民進党・蘇貞昌主席は日本の犬」 2014.2.11

    【NEWS】国民党:「民進党・蘇貞昌主席は日本の犬」 2014.2.11

    台湾の声ニュース 2014.2.11

    馬政権は、教育要領の「微調整」で、中国意識に基づいた洗脳教育に戻そうとしている。

    これについて台湾では連日抗議活動が続いている。他方、中国国民党側もさまざまな形で、教育部のこの「微調整」を支持する声を挙げているが、国民党の記者会見において、立法委員の陳淑慧が、「微調整」に反対する民進党の蘇貞昌主席について「中華民国の国民ではなく、日本の犬になろうとしている」と批判した。この「非国民」という言い方、「日本の犬」という言い方から、透けて見えるのは、国民党がその党名が示すように、まさにシナ・ファシズムの政党であり、台湾に相応しい政党ではないことである。

    なお、国民党汚職政党による統治下の台湾ではさまざまな問題が起こっている。実は、旧正月明け(5日)から、台湾では戸籍事務処理システムに新しいシステムを導入したが、それが使い物にならない代物で、現在、戸籍関係の手続きに大きな支障が出ていて、国民身分証も仮の証明書を発行している状態である。

    民進党の陳其邁議員は、この新システム発注の入札の参加資格が制限され、結局、入札に参加した企業が一社だったことをつきとめて、この導入に関わった内政部長(国民党)の責任を追及している。

    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html


    「台湾の声」【反響】林志昇集団の悪質さ/「台湾是 [ 口那 ] 一国的領土?」

    【反響】林志昇集団の悪質さ/「台湾是[口那]一国的領土?」

    昨日配信の"【 Q アンド A 】「台湾はどの国の領土?」"について、台湾人読者からの反響です。台湾と日本の関係を大切に思う日台の人々が、林志昇集団およびその関連集団について、苦々しく思っていることがよくわかります。

    なお、「台湾はどの国の領土?」とほぼ同様の内容を漢文で作成したものを末尾に掲載します。2014-2-10

    ---

    多田様へ

    わが台湾のために様々な御支援を頂き、心より深謝しております。

    林志昇集団の悪質さは台湾の国際法的な地位を研究するふりをして、虚構の日米との「公的関係」及び嘘の「米国政府の委託」で支持者らを騙してお金を取っている事です。

    下記の質問を聞いてみたらどうでしょうか:

    1.販売しているID(身分証明書)は「米国政府により製作されて申請方法も同政府の管理の下で行っている」ことは証明できますか?

    2.数年前より「米国から指示があり、至急に台湾の政権(統治権)を当面の中華民国から民政府に渡す」と言っているが証拠はありますか?(毎回「六ヶ月内に政権が渡される」と説明していて、今まで十回以上も延期しています)

    3.「民政府とは米国の軍事政府(USMG)より成立され、後者の管理の下にある」という証拠は?全ての研修と訪日(天皇誕生)も後者の指示で行っているのか?

    4.「国民党は政権を民政府に渡すために中国に撤退する準備をし始めている」と主張する根拠は?

    5.「今、台中の空軍基地に米軍が駐在している」とする証拠は?

    6.安倍氏は「民政府が米国に推薦して首相になった」と主張する証拠は?

    こういった根も葉も無い事ばっかり宣伝しているのです。特に今国民の国民党に対しての不満を利用し、親日の方を狙って色々な方法を通じお金を取っています(研修会、ID、車用ナンバープレート、例会、海外訪問活動、更に裁判投資も)。

    日本語が不得意ですが以上の事を伝えて頂きたいです。

    読者S

    ---

    「台湾是[口那]一国的領土?」

      台湾自従下関(馬関)条約起,成為日本合法領土,直到二戦後日本和聯合国簽旧金山和約時放棄所有対台湾的権利、権原。但其権利、権原没有移譲給任何簽署国。雖然中国没有簽署該和約,但在該条約生効那天日本与中国所簽署之日華(中日)和約明確承認同一内容。日本政府与中華人民共和国政府在1972年発表「日中(中日)聯合声明」,承認該政府才是中国的政府。根拠国際法学説,其承認効果応溯及到其政府事実上之成立時期。所以在於49年10月1日以後所簽署的中日和約的効力受到質疑。日本与中国在78年重新簽署「日中和平友好条約」。裡面也無半条規定将台湾割譲給中国。這裡看得出日本、美国、中国均没有擁有台湾主権。中国目前在主張台湾是中国的領土,但這並無法律依拠。在事実層面台湾亦無受這些国家的統治。

      台湾就是台湾的領土。台湾是一個政治共同体,擁有特定領域以及人民充足国際法上之国家要件。45年6月所簽署並10月24日生効之聯合国憲章以来,国際法確立了人民自決権。当然適用於台湾人民。中国是該憲章原初簽署国,日本政府在52年申請,直到56年才能加入。所以其他的国家在法律上都没有権利併呑台湾,台湾才対台湾擁有主権。

      只是中国企図変更二戦後之和平秩序而主張台湾主権,国際社会也還没明確的承認台湾導致台湾没有保障。而在台湾国內,蒋介石集団進駐台湾以来,到被剥奪代表中国之地位後,継続灌注台湾是中国的一部分之錯誤概念,這個騙局如今也継続危害台湾国家存在。除去這些錯誤而建立台湾認同才是台湾的「独立建国」,而這様的台湾国家建立後,国際社会就没有理由来猶予承認台湾。林志昇集団以及其分派宣称目前的台湾跟美軍施政之沖縄一様。但是美国在沖縄施政是在旧金山和約裡明文規定。針対台湾該条約裡没有這様的規定。所以林志昇集団以及其分派所宣称的是完全的錯誤,是譲台湾人放棄自決権之陰謀。

    多田恵 / 台湾之声日文電子報編輯

    ---

    関連記事:

    2014/2/9【 Q アンド A 】「台湾はどの国の領土?」
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/q.html

    2014/2/8【 NEWS 】台湾研究フォーラムも林志昇集団について警鐘
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/news_8.html

    2013/10/4【台湾から警告】林志昇集団、狙いを日本に
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_8339.html

    2013/5/16【傳田晴久の台湾通信】「台湾民政府」詐欺にご注意を
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_1378.html

    2013/4/28【天皇陛下まで利用しようとする集団】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_2734.html

    2013/4/27【NEWSと論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/news_7.html

    2013/4/20 【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/news.html

    2013/4/18【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である(石戸谷 慎吉)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_1859.html

    2013/4/14【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_2426.html

    2013/4/10【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)(多田 恵)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_7.html

    2013/3/21【読者便り】さよなら「台湾民政府」(石戸谷 慎吉)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post.html

    ---
    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html




    2014年2月9日日曜日

    「台湾の声」【 Q アンド A 】「台湾はどの国の領土?」

    『台湾の声』【QアンドA】「台湾はどの国の領土?」

    2014.2.9

    本誌2月8日配信の記事"【 NEWS 】台湾研究フォーラ
    ムも林志昇集団について警鐘"について黄恵瑛さんから
    次のような質問が寄せられましたので、お答えいたしま
    す:

    >台湾が日本天皇の固有領土でなければ,一体どの国の
    >領土であるのか明確にお答え下さい。

    台湾は1895年以来、日本が合法的に領有していましたが、
    第二次世界大戦後、連合国との講和条約において、日本
    は台湾に対する権利・権原を放棄しました。しかし、こ
    の権利・権原は他の国に与えられてはいません。

    ゆえに、台湾は現在、日本の領土でも米国の領土でも、
    もしくはその他のサンフランシスコ講和条約の署名国の
    領土でもありません。

    また、中国に関しては、1952年のサンフランシスコ平和
    条約の発効と同時に日華平和条約が結ばれ、ここでサン
    フランシスコ条約の内容が追認されています。

    ただ、1972年に日中共同声明によって政府承認が切り替
    えられると、国際法の学説により、その承認の効果は新
    政府の事実上の成立に遡るため、1949年10月1日の中華
    人民共和国政府樹立以降に締結された日華平和条約の効
    力に疑問が生じます。1978年にあらためて日中平和友好
    条約が締結されましたが、当然ながら、日本がすでに放
    棄した台湾に関して、中国へ引き渡すような条文はあり
    ません。

    つまり、台湾は中国の領土でもありません。現在、台湾
    に対する主権を主張しているのは中国のみですが、それ
    は法にもとづくものではありません。

    したがって、台湾島および澎湖諸島およびそれらの付属
    の島嶼は、法的には、台湾を除くいかなる国家の領土で
    もありません。実態としても、台湾は台湾を除くいかな
    る国家の統治の下にもありません。

    台湾と呼ばれる領域は台湾の領土です。

    なぜならば、まず、台湾は特定の領域と人民に対して統
    治を行っている政治共同体であり、国際法上の国家の要
    件を満たしています。

    そして、1945年6月署名、10月24日発効の国連憲章で明文
    化され、国際法として確立した人民自決権が、当然のこ
    とながら、台湾人にもあるためです。国連憲章は中国も
    最初から署名し、日本については1952年にこれを承認し、
    1956年に発効しています。

    台湾が台湾の領土であることは事実の点からも、法的正
    統性からも間違いがありません。

    ただ、国際秩序の変更を狙う中国が台湾の領有権を主張
    していて、国際社会が台湾の国家承認を明確にしていな
    いということが、台湾の国家としての存在を不安なもの
    にしています。

    また台湾内部では、蒋介石集団が、台湾に進駐して以来、
    中国の政府として認められなくなった後も、台湾が中国
    の一部であるかのように、台湾の人民を騙し続けたため、
    今でもその残滓が、台湾のアイデンティティーを危険に
    晒しています。

    これらの残滓を無力化して台湾のアイデンティティーを
    打ち立てることこそが台湾の「独立建国」であり、その
    ような台湾が確立された時、国際社会は台湾を承認しな
    い口実を失うのです。

    なお、林志昇集団やその分派である「アメリカ台湾政府」
    などは、占領下の沖縄と台湾が同様であるかのように宣
    伝していますが、沖縄の占領統治はサンフランシスコ平
    和条約で取り決めがなされたものです。一方、台湾に関
    してはそのような取り決めはありません。占領下の沖縄
    と台湾が同じだとする林志昇集団やその分派の説は完全
    に誤っています。


    台湾の声編集部・多田恵





    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html







    「台湾の声」【脱亜論・現代語訳抜粋】現在も生きている日本人への警鐘

    【脱亜論・現代語訳抜粋】現在も生きている日本人への警鐘



    読者の皆様へ

    100年以上も前の福沢諭吉の名言は現在も生きています。
    シナと朝鮮は今も当時のままです。

    脱亜論の一部の抜粋を是非再度吟味してください。

    「台湾の声」編集長 林 建良


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    脱亜論(抜粋)

              福沢諭吉

      『時事新報』1885(明治18)年3月16日


     わが日本の国土はアジアの東端に位置するのであるが、国民の精神は既にアジアの旧習を脱し、西洋の文明に移っている。しかしここに不幸なのは、隣国があり、その一を支那といい、一を朝鮮という。

     この二国の人民も古来、アジア流の政治・宗教・風俗に養われてきたことは、わが日本国民と異ならないのである。だが人種の由来が特別なのか、または同様の政治・宗教・風俗のなかにいながら、遺伝した教育に違うものがあるためか、日・支・韓の三国を並べれば、日本に比べれば支那・韓国はよほど似ているのである。

     この二国の者たちは、自分の身の上についても、また自分の国に関しても、改革や進歩の道を知らない。交通便利な世の中にあっては、文明の物ごとを見聞きしないわけではないが、耳や目の見聞は心を動かすことにならず、その古くさい慣習にしがみつくありさまは、百千年の昔とおなじである。

     現在の、文明日に日に新たな活劇の場に、教育を論じれば儒教主義といい、学校で教えるべきは仁義礼智といい、一から十まで外見の虚飾ばかりにこだわり、実際においては真理や原則をわきまえることがない。そればかりか、道徳さえ地を掃いたように消えはてて残酷破廉恥を極め、なお傲然として自省の念など持たない者のようだ。




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html
     

    2014年2月8日土曜日

    「台湾の声」【3月2日】台湾 2 ・ 28 時局講演会のお知らせ

    「台湾の声」【3月2日】台湾2・28時局講演会のお知らせ

     私たちの目指す台湾の独立とは「台湾が主権独立国
    家として国際社会に承認されること」です。台湾の将
    来を担う有望な人材が、1947年の228事件、及び、それ
    に引き続く政府によるテロ(白色テロ)の時代、10万人
    余りも犠牲になりました。その負の遺産を語り継ぎ、
    将来に生かすことが大事だと考え、今年も講演会を行
    います。

     講師に台湾から蔡焜霖氏をお招きし、無実の罪で10
    年間緑島に投獄された体験談をお聞きすることにしま
    した。なかなか聴くことのできない貴重なお話ですの
    で、どうぞお誘い合わせてお出でかけ下さい。        

    【使用言語:日本語】

    蔡焜霖(さい・こんりん)氏:昭和5年、台湾台中州清
    水街(現台中市清水区)に生まれ、台中一中在学中、
    読書会に参加したことで、卒業後の1950年9月に逮捕。
    非法組織参加の罪で懲役10年の刑を課せられ、台湾本
    土の拘置所で8ヵ月、残り9年4ヵ月は火焼島(緑島)で
    服役。1960年9月に釈放後、淡江大学フランス文学科に
    学び、1966年に児童誌を創刊。1968年に台湾東部僻地
    の紅葉小学校の少年野球チームを援助して全国大会で
    優勝させたことにより台湾少年野球の黄金時代を現出
    する契機を作る。その後、実業界で活躍。現在、流暢
    な日本語を駆使して翻訳やガイドに活躍。蔡焜燦氏は
    実兄。

    ◆日 時 2014年3月2日(日) 14:00〜16:30 (13:30 開場)

    ◆会 場 京王プラザホテル 南館4階 錦の間

     東京都新宿区西新宿2-2-1 TEL:03-3344-0111
     【交通】JR「新宿駅」西口徒歩5分、 都営地下鉄・大江戸線「都庁前駅」徒歩1分

    ◆講 師 蔡焜霖氏

    ◆演 題 台湾の白色テロ 1950年代-その実情と現代における意義

    ◆参加費 1,000円 (学生無料)

    ◆懇親会 17:00〜19:00 

     住友新宿ビル(三角ビル)49階「番屋」 【参加費:4,000円】

    ◆申込み 申し込みフォーム、メール、FAXにてお申し込みを。
     【締切:2月27日必着。ただし、講演のみの場合には当日現地での申し込みも可】

    申し込みフォーム
    https://mailform.mface.jp/frms/ritoukijapan/a3c4cvo2t3l8

    E-mail: wufijapan@googlegroups.com FAX:03-3359-8475

    ◆主 催 台湾独立建国聯盟日本本部  TEL:03-3351-2757

    ◆後 援 在日台湾同郷会、在日台湾婦女会、
    日本台湾医師連合、アジア自由民主連帯協議会、
    日台交流教育会、日本政策研究センター、日本李登輝友の会、
    メルマガ「台湾の声」、台湾研究フォーラム、日本文化チャンネル桜

    ------------------------------------------------------

    台湾2・28時局講演会 お申し込み書 【締切:2月27日必着】

    お名前:                


    E-mail(*):                     


    講演会:( )出席します ( )欠席します    

    懇親会:( )出席します ( )欠席します

    *メールアドレスは発信元と異なる場合のみご記入くだ
    さい。今後のご案内に使わせていただきます。直接のご
    案内が不要な方はその旨をお書き添えください。


    ------------------------------------------------------


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html








    「台湾の声」【 2 月 21 日】田久保忠衛杏林大学名誉教授講演会

    【2月21日】田久保忠衛杏林大学名誉教授講演会


    グローバル・イッシュ–ズ総合研究所は、オバマ政権発足以来の米国の指導力低下と、その影響を受けた日本周辺の危機に関して分析するため、以下の要領で研究会を開催することにいたしました。日本と周辺の危機的状況に御関心のある多くの人々に取って、極めて重要な情報を提供できるものと思われます。多くの方々の御参加を待ち申し上げております。

    日 時:2014年2月21日午後6時30分〜8時

    場 所:一般社団法人日本倶楽部第2会議室
         (帝国劇場があるビルの8階)

    参加費:2000円

    講 師:田久保忠衛杏林大学名誉教授
       (元時事通信ワシントン支局長)

    協 力:特定非営利活動法人一橋総合研究所
         一般社団法人日本安全保障・危機管理学会

    要予約:micropht@g-i-i.net


    URL:http://www.g-i-i.net/




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    「台湾の声」【 NEWS 】台湾研究フォーラムも林志昇集団について警鐘

    【NEWS】台湾研究フォーラムも林志昇集団について警鐘

    台湾の声ニュース 2014.2.8

    本誌では昨年3月以来、林志昇集団について問題提起を
    しているが、この正月にも台湾を訪れた台湾派の日本人
    に対して、同集団の熱心な信者が、支持を表明するよう
    に求めたりしてきたという。

    騙されてしまう一部の台湾人にも問題があるが、それを
    無批判に受け容れて、この集団の権威付けに利用されて
    しまう日本人がいることも問題である。

    昨日(7日)、台湾研究フォーラム永山英樹会長が自身
    のブログ『台湾は日本の生命線!』で"保守派は注意!
    台湾は「天皇の領土」に非ずー不敬な謬説流布する「台
    湾民政府」の目的とは"という記事を発表した。

    当該記事へのリンク:
    http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2301.html

    これまでに、日本李登輝友の会のメールマガジンでも同
    集団について問題提起がなされているが、今回、永山氏
    も同じ問題について警鐘を鳴らしたのは、日本と台湾を
    結ぶ開拓者たちが一致して、林志昇集団に問題があると
    認め、日本人がこの集団に加担してしまうことを正しく
    ないと考えていることを示している。


    本誌関連記事:

    2013/10/4【台湾から警告】林志昇集団、狙いを日本に
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_8339.html

    2013/5/16【傳田晴久の台湾通信】「台湾民政府」詐欺にご注意を
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_1378.html

    2013/4/28【天皇陛下まで利用しようとする集団】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_2734.html

    2013/4/27【NEWSと論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/news_7.html

    2013/4/20 【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/news.html

    2013/4/18【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である(石戸谷 慎吉)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_1859.html

    2013/4/14【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_2426.html

    2013/4/10【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)(多田 恵)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post_7.html

    2013/3/21【読者便り】さよなら「台湾民政府」(石戸谷 慎吉)
    http://taiwannokoe.blogspot.tw/2014/02/blog-post.html



    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html




    「台湾の声」【閃霊 /ChthoniC 】初の五大都市を回るソニック 2014 ジャパン・ツアー「 The Way of Ian-Bu / 演武の道」を発表!

    「台湾の声」【閃霊/ChthoniC】初の五大都市を回るソニック2014ジャパン・ツアー「The Way of Ian-Bu /演武の道」を発表!

    〔ChthoniCのFacebook January 11, 2014 at 9:48am 〕


    ソニックは20カ国41都市に渡たる長期ヨーロッパツアー
    を終えたばかりだが、休む間もなく日本での東京、大阪、
    名古屋、福岡、仙台の5大都市をツアーを発表した!

    去年リリースした「Bu-Tik/武徳」は台湾のグラミー賞
    といわれているゴールデン・ミュージックアワード(金
    音賞)の3部門を受賞し、世界中の雑誌や評論家より大
    好評を得、多くの音楽メディアで2013年の各ランキング
    にも選出された。

    ライブ活動においても、2013年のイギリスDOWNLOADフェ
    スティバルでメディアよりベストバンドに選ばれた。
    2ヶ月にかけたヨーロッパツアーでは、初めて訪れる南
    欧、中欧、東欧の都市にでもプレイし、ソニックの結成
    後の最長欧州ツアーを記録した。日本でのツアーも同様
    に、初めて名古屋、福岡と仙台に足を伸ばす。ヴォーカ
    ルのFreddyが語る「今回のヨーロッパツアーは地獄のよ
    うなスケジュールだったが、そのおかげで、バンドの状
    態は極限まで鍛えられた。新しい曲も、ライブで馴染み
    のある曲も日本でのショウではベストパフォーマンスを
    お見せできるだろう。」と話した。

    今回のツアーは、2月にリリースされるDVD「演武(Ian-
    Bu))」にちなんで「The Way of Ian-Bu / 演武の道」と
    名づけられた。メンバーと製作チームは、ヨーロッパツ
    アーより進化したステージを計画中。リーダーのDorisが
    「今回のテーマはソニックの「武徳」スピリットをあら
    わす新旧作品を中心に、ステージセットのデザイン、グ
    ラフィックを斬新なものにする予定よ。ヨーロッパツア
    ーで疲れて、身も心のボロボロになったとき、これを乗
    り越えたら日本に行けるんだと自分に励ましたの!そう
    すると、とてもポジィティブな気持ちになれたわ。」と
    今回の日本公演への意気込みと、思いを語っていた。


    ソニック「The Way of Ian-Bu /演武の道」ジャパン・ツアー・スケジュール:

    2014年2月21日 (金) 福岡 / Drum Be-1
    2014年2月24日 (月) 大阪/ Umeda Club Quattro
    2014年2月25日 (火) 名古屋/ Nagoya Club Quattro
    2014年2月26日 (水) 東京/O-EAST
    2014年2月28日 (金) 仙台/ Club Junk Box

    ソニック「The Way of Ian-Bu/演武の道」ジャパンツアー、詳しくはhttp://www.creativeman.co.jp/artist/2014/02chthonic/

    ソニック「演武」DVD詳しくはhttp://wardrecords.com/SHOP/WRDZZ074.html

    ソニック「金音賞受賞記念BOX」詳しくはhttp://www.howling-bull.co.jp/ChthonicBoxPR/


    註:Ian-Bu(演武)エン・ブー、Bu-Tik(武徳)ブー・ティクはいずれも台湾語


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html



    「台湾の声」【明日】林建良氏と廣瀬勝氏が中国をテーマに「栃木桜ゼミ」で講演会

    【明日】林建良氏と廣瀬勝氏が中国をテーマに「栃木桜ゼミ」で講演会

    ●日本文化チャンネル桜「二千人委員会」栃木県支部
     http://www.chsakura.com/event/sakura_seminar.html

    ◆日 時:平成26年2月9日(日)午後2時〜

    ◆場 所:護国会館(栃木県護国神社内)
         栃木県宇都宮市陽西町1-37 栃木県護国神社内
         http://www.gokoku.gr.jp/access.html
         (JR 宇都宮駅から3.9 !)/車で12 分)

    ◆講 師:林建良氏

    ◆演 題:中国文化の本質

         林建良[りん・けんりょう]1958年、台湾に生まれる。1987年、日本交流協会奨学生と
         して来日。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了。在日台湾同郷会顧問、メルマガ
         「台湾の声」編集長、台湾独立建国連盟日本本部国際部長、日本李登輝友の会常務理
         事、台湾団結連盟日本代表。現在は栃木県在住。医師としての仕事のかたわら台湾正名
         運動を展開している。著書に『中国ガン─台湾人医師の処方箋』『日本よ、こんな中国
         とつきあえるか?─台湾人医師の直言』、共著に『中国の狙いは民族絶滅—チベット、
         ウイグル、モンゴル、台湾、自由への戦い』など。

    ◆講 師:廣瀬勝氏

    ◆演 題:中国の罠─民事訴訟法231条の恐怖

         廣瀬勝[ひろせ・まさる]昭和39年1月生まれ。福岡県出身。中央大学法学部卒業後、
         父親の経営するプラスチック食品容器メーカーに入社。東京営業所に配属。平成17年よ
         り中国青島に駐在。平成19年退社。現在は熊本県阿蘇郡小国町にて温泉施設「豊礼の
         湯」を経営。日本李登輝友の会理事、同熊本県支部長。昭和61年、産経新聞社第138回
         「わたしの正論」にて佳作2位入賞。題名「誤謬なき憲法の問題」。昭和62年、産経新
         聞社第150回「わたしの正論」にて入選1位入賞。題名「防衛予算の制約と効率」。著書
         に『台湾記』(日文・漢文)

    ◆申込み:http://www.chsakura.com/sanka.php

    ◆連絡先:028-622-3180 (護国会館)
         090-1050-2064(須田)

    ◆主 催:日本文化チャンネル桜二千人委員会栃木県支部
         http://www.chsakura.com/index.html

    ◆参加費:1,000円






    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

    2014年2月7日金曜日

    「台湾の声」【台湾から警告】林志昇集団、狙いを日本に

    【台湾から警告】林志昇集団、狙いを日本に

    台湾の声台湾レポート 2013.10.4

    台湾独立運動関係者が台北で本誌編集部に明かしたとこ
    ろによると、台湾での拡大が壁にぶつかった林志昇集団
    (「台湾民政府」)が狙いを日本に向けているという。

    4月に、本誌で行った林志昇集団の疑惑報道は、台湾独
    立建国聯盟台湾本部でも転送拡散され、林志昇集団は4
    月末に米国で分裂劇を演じた。5月に日本の防衛関係O
    Bを含む交流団が、林志昇集団にかけられている疑惑を
    検討して訪台と取り消し、8月には台湾基督長老教会が、
    林志昇集団と一線を画す声明を出した。こうして台湾で
    の拡大が壁にぶつかった林志昇集団が狙いを日本に向け
    ているという。

    林志昇がどのような人物であるか、日本の人々は情報が
    少ないであろうから心配である。

    林志昇が、台湾独立建国聯盟の過去の名前を使って募金
    活動をしていた以外に、台湾独立建国聯盟を唖然とさせ
    たエピソードを紹介する。

    民進党政権の頃、林志昇が人の紹介で台中の集会に出席
    した。そこで彼は、自分はインターネット放送「台湾聯
    通網」の理事長であり、独立派ラジオ局「TNT」を買
    い取ったと自己紹介した。実際には「台湾聯通網」の理
    事長は許世楷氏であり、「TNT」を買い取って「宝島
    新声」と局名を変えたのは頼茂州氏であった。ところが、
    その集会には許世楷氏および頼茂州氏の娘・頼静[女閑]
    氏も出席していて、許世楷氏は「私は知らない間に理事
    長を辞めさせられたようだ」と皮肉を言ったという。頼
    静[女閑]氏は現在も宝島新声の社長を務めている。

    林志昇集団は、未来の公務員の資格が得られるとして研
    修会を行っているが、その講師として彭明敏、黄昭堂、
    羅福全の各氏が来るというふれこみであった。ところが
    実際には、会議施設はボロボロで、それらの講師は現れ
    なかった。林志昇は受講者に対して「これだから台独連
    盟は信用できない。講師料も振り込んだのに。」と説明
    したという。しかしながら、実際には、これらの講師に
    対して、振込みどころか、依頼すらなかった。

    林志昇はかつて「環球テレビ」(すでに閉鎖)を経営し
    ていたが、あるとき給料の遅配が問題になった。ベテラ
    ンの記者に対しては2ヶ月、若手の記者に対しては6ケ
    月の遅配であった。忠孝東路にビルを購入したために資
    金繰りが厳しいため、と林志昇は説明していたが、広告
    収入が入っているのに給料を払わないのはおかしいと職
    員が立ち上がり集団で林志昇を包囲したところ、林志昇
    はやっと広告仲介会社に電話をして国内航空便で現金を
    取り寄せて、オフィスを包囲した職員に給料を支払った。
    オフィスでの包囲に関わらなかった職員には支払わなかっ
    た。あとから明らかになったのは、ビル購入の話はまっ
    たくの虚偽であった。実際に同社の職員は政府に対して
    仲裁を要請している。

    ここで、林志昇集団が天皇誕生日の一般参賀参加をどの
    ように宣伝に使っているか紹介しよう:

    「一般参賀活動の本質は日本国民が日本の天皇に忠誠を
    示すことにある。参加する民衆は日の丸だけが持込を許
    される。会場秩序に責任を持つ皇宮警察は、一般参賀要
    項において「迷惑を及ぼすおそれのある物を携行する者
    は入門をお断りします」と規定しているので、本来なら
    ば台湾民政府旗の持込を禁止するはずであるが、【民政
    府の】訪問の栞を読んで、交渉の末に、宮内庁から皇宮
    警察への通知によって台湾民政府旗の入場を許可した。
    これは明仁天皇がすでに台湾民政府の参賀参列を知って
    いて、台湾民政府旗を迷惑と考えていないことを示して
    いる。台湾民政府旗は宮内庁の特別な許可により一般参
    賀に参加した。これは天長節史上で初めて、日本国旗以
    外の旗が現れたのであり、台湾民政府が他所のものでは
    ない(not foreign)ということを意味している。」

    このような牽強付会によって、天皇陛下の権威を利用し
    て自らが信用に足る集団であるかのように宣伝している
    のである。

    彼らが、日本人から研修費を徴収するということはない
    かもしれないが、日本人支持者の存在が彼らを権威付け
    て、独立に夢を託す台湾人に間違った選択をさせてしま
    わないよう祈るばかりである。




    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html





    「台湾の声」【傳田晴久の台湾通信】「台湾民政府」詐欺にご注意を 

    【傳田晴久の台湾通信】「台湾民政府」詐欺にご注意を 


                 傳田晴久


    ◆はじめに

     以前、「台湾通信」No.45「信不信由?(信じる信じないはあなた次第)」(2010年5月
    28日付け)で、台湾地位未定論を紹介しました。

     2009年5月に当時の日本交流協会駐台代表の齋藤正樹氏が「学術研討会」の席で「台湾地
    位未定論」を発表し、馬英九政府の厳しい反発を招きました。そのころ私は「60年間、隠
    蔽された『台湾国際地位』の真相」という資料を入手し、林志昇という人の存在を知りま
    した。彼らは台湾地位未定論を根拠に「台湾民政府」という組織を設立し、いろいろな活
    動をしていますが、彼らの主張や行動は我々をびっくりさせるものです。

     資料を収集して読み進めるうちにちょっと何か変だな、と思うようになりました。彼ら
    が主張していることはすべてではありませんが、論理的であるし、納得できるものです
    が、やっていることは何となく胡散臭い思いがするのです。どうやらこの林志昇並びに
    「台湾民政府」は問題がありそうです。

     今回はこの林志昇という人と彼らが設立したという「台湾民政府」の活動について述べ
    ます。

    ◆台湾地位未定論とは?

     「台湾通信」No.45で台湾地位未定論を紹介しましたが、その概要は次の通りです。

     台湾が日本の領土になったのは1895年の下関条約により、清国が台湾を日本に割譲した
    からで、日本は台湾の主権を取得しました。しかし、日本は1945年 8月に大東亜戦争に負
    け、降伏、9月にマッカーサー指令で中華民国蒋介石軍が連合国を代表して台湾を占領しま
    した。その中華民国は1949年 中国の内戦で中国共産党に破れ、台湾島に逃げ込みまし
    た。1952年 サンフランシスコ講和条約により、日本は台湾の主権を放棄、しかし、台湾
    の帰属については触れなかったので、その主権は宙に浮いた状態になりました。1971年、
    中華民国は国連を追放され、中華民国は滅亡しました。

     サンフランシスコ平和条約第4条b項と第23条に「米国は日本及びその植民地の主要占領
    国であり、その処分と支配権を有する」と明記されているそうです。すなわち、国際法上
    中華民国は台湾の主権を持たないし、況や1949年建国の中華人民共和国が台湾の主権をも
    つはずもなく、換言すればサンフランシスコ平和条約締結までは台湾は日本に帰属してい
    たということです。

    ◆林志昇の主張

     台湾民政府「天皇陛下聖誕祝寿団並日本靖国神社慰霊祭」西元2012年というタイトルの
    パンフレットをある方から頂きました。これは台湾民政府の人々が昨年(2012年)の暮に
    日本を訪問した際の資料で、訪問団の名簿や訪問の趣旨などを記したもので大変立派な装
    丁の物です。

     その中に、「日本人の『台湾帰属の認識』は誤っており、即刻訂正すべし」との主張が
    あり、"国際戦争法の専門家"(だそうですが)林志昇氏の考え方を縷々述べています。
    その文言を列挙しますと……。

    1)台湾は現在「国際地位未定」であり、「主権独立国家」ではなく、中華民国の領土で
      もない。したがって「台湾」と「中華民国」は混同すべきではない。

    2)台湾は日本の植民地ではなく、日本天皇の神聖不可分の国土である。

    3)日本は、戦後から今に至るまで台湾の「領土主権」を放棄していない。

    4)台湾には今なお日本天皇が主権権利を行使できる「大日本帝国憲法」すなわち「明治
      憲法」が存在し、廃棄されていない。

    5)台湾人は無国籍である。台湾には「台湾人」や「外省人」は存在しない。

    6)台湾に存在する「国民党」も「民進党」も中華民国亡命国の政党であり、本土台湾人
      を代表する資格はない。

    7)台湾住民に「正名、制憲」や「住民自決」の住民投票は不可能。

     以上の各項について、1895年4月の下関条約(前出)、1937年の皇民政策、1945年4月1日
    の昭和天皇の詔書(台湾に明治憲法実施の宣布)、1945年9月2日(マッカーサー将軍の
    「一般命令、第1号」)、同年10月25日の台湾光復節(偽称)、1952年発効のサンフランシ
    スコ講和条約、2009年4月米国連邦高裁の判決(64年来本土台湾人は無国籍)などを根拠と
    して示し、素人には難しい法律論を展開し、真偽はともかく論述しています。

     特に2項、3項、4項については難しい法律用語、英語を駆使しながらの論理展開であ
    り、俄かには信じ難いものがあります。

    ◆「台湾民政府」の活動

     前出のパンフレットによれば、「本土台湾人は2008年2月2日に国際戦争法の『自衛権』
    に基づき、台北で『台湾民政府』を成立させ、直後に全世界194か国に向け、その旨通達し
    た」と書いてあります(しかし、何カ国が承認したかについての記述はなし)。

     そして2010年7月、台湾民政府は駐米ワシントンDC弁事処を設立、同年11月台北で「台
    湾民政府内閣」が成立、主席、国務総理などを決め、日本統治期の制度を復活させて、7つ
    の州(宜花東州、台北州、新竹州、台中州、台南州、高雄州、中央原住民州)を成立さ
    せ、運用を開始した。

     さらに2011年12月21日、台湾民政府閣員150名が日本の靖国神社参拝、同月23日に皇居前
    の天皇誕生祝賀会に参賀、翌年の2012年暮には220名が同様に靖国参拝、天皇誕生日の参賀
    を行ったと言います。

    ◆反論ないし否定論

     メルマガ「台湾の声」は2013年4月28日「天皇陛下まで利用しようとする集団『台湾民政
    府』林志昇カルト集団に注意!」として、長文の注意喚起を行っていますが、それによると
    彼らは次のような活動を行っていると言います。

    1)台湾民政府のパスポートを発行(5000台湾ドル)

    2)台湾民政府の(国民)身分証(1000台湾ドル、この身分証を提示すれば米国ビザ取得
      のための面接が不要になる)

    3)台湾民政府の公務員になるための有料講習会(2日間の受講料6000台湾ドル)

    4)天皇陛下を参拝して国民の義務を果たす(数万台湾ドル)

    5)中華民国体制を批判し、選挙ボイコット活動推進

    6)陳水扁前総統救出活動(新聞広告、ホワイトハウスに対する請願ネット投票)、等々

     そして同メルマガはこれらの活動に対して、台湾のテレビ報道や警察は詐欺の疑いがあ
    るとして警告を発していると述べています。

     また中天テレビ局はニュースで、林志昇が身分証があれば、ビザ取得のための面接が
    「不要」との説明画面と米国ビザ発給職員の面接は「必要」という画面を対比しながら、
    この嘘を暴いていると指摘し、一方、台湾各地の警察が身分証詐欺への警戒を呼び掛け、
    その中の台南市の警察は宣伝用のチラシに「これは詐欺です。被害に遭わないように警戒
    してください」という注意書きを入れてインターネットで公開したと言います。

    ◆何が胡散臭いか

     私は「台湾地位未定論」や「台湾民政府」に興味をもちましたが、何となく胡散臭く感
    じたのは、パンフレットの表紙に天皇・皇后両陛下のお写真と日の丸、台湾民政府の旗、
    その裏にオバマ大統領夫妻、皇居、その下に詔書の写真、裏表紙には大東亜戦争従軍記章
    や旭日旗、その裏には4本の旗を先頭にして靖国神社に入場する団体の行進写真が掲載さ
    れていたからです。もちろん各々の写真に意味を持たせているのでしょうが、私は違和感
    を持ちました。

     そして、パンフレットの第1頁に台湾民政府の主席、副主席、委員、州長などの名前と
    訪日団のリストがありました。肝心の林志昇氏の名前の後ろには「執行長。拒領ROC護
    照滞台」の文字がありました。意味は「執行長。ROCすなわち中華民国のパスポートの
    受領を拒み、台湾に留まる」ということでしょう。

     バスを連ねて皇居や靖国神社に出向いたようで、バスの号車別の名簿が記載されていま
    すが、その中に林志昇の名前がありません。なるほど台湾民政府の主席は別の人でもいい
    でしょうが、民政府の理論的支柱は林志昇氏ですから、彼が訪日団に入っていないのは解
    せません。

     中華民国のパスポートが嫌なら、台湾民政府が発給するというパスポートを使用すれば
    いいのではないか。これで私はすっかり「これはおかしい」と感じた訳です。前述のメル
    マガ「台湾の声」は「林志昇は税金滞納により出国が禁止されている」と紹介しています。

    ◆たまたま見つけた台南州の台湾民政府オフィス

     林志昇氏並びに台湾民政府にかかわる資料をいただき、関心をもち、いろいろ資料を集
    めたり、友人知人に尋ねたりしていましたが、あまり関心を持っている方には出くわすこ
    とがなく、林志昇氏に関する否定的な情報が多かったように思いました。

     そんな矢先、たまたま友人の車で台南市内を移動中、たくさんの旗を林立させたド派手
    な建物が目に入りました。見ると、その建物の正面に大きな文字で「台湾(民)政府」と
    書いてあるではないか。

     後に一人で見に行き、写真を撮り、近づいて掲示板にいろいろ張り紙がしてあるのを見
    ていますと、中から人が出てきまして、何やら話しかけてきました。私はとぼけて日本語
    で「何ですか」というと、「あぁ、日本の方ですか」といい、あとは中国語でいろいろ説
    明を始めました。

     なんでも今年の8月15日に台湾民政府は250人の訪日団を編成し、靖国神社を訪問し、祀
    られている台湾人3万余人の英霊のお参りをするとのこと。私はすかさず、「林志昇氏も行
    かれるのですね」と尋ねると、「いや、彼は行きません」とのこと。理由は、彼は台湾人
    で、中華民国を認めていないので、中華民国のパスポートは使わないとのことでした。こ
    こで引き下がってはつまらないので、「台湾民政府が発給するというパスポートで行かれ
    たらいかがですか」と言いますと、敵もさるもの、すかさず「台湾民政府は未だパスポー
    トを発給していません、今その準備をしているところです」とのことでした。

    ◆おわりに

     この「台湾通信」に林志昇氏並びに台湾民政府について記述することは、彼らの行動、
    詐欺まがいの活動を支持ないし支援することになるのではないかとの危惧があり、書いて
    いいものかどうか逡巡しました。

     ある知り合いの方に「台湾地位未定論」について尋ねると、「理屈はOK、正しいだろ
    う。しかし、台湾は国民党が実効支配している。竹島もしかり。普通の方法ではどうにも
    ならないのではないか」と仰る。「台湾民政府」についても何人かの人々にお伺いしまし
    たが、いずれも歯牙にもかけないという感じでした。

     さらにメルマガ「台湾の声」の注意喚起の記事を読み、自分が感じた「胡散臭さ」が裏
    付けられた思いでした。

     いずれにせよ、「台湾通信」の趣旨は、私が台湾で見聞きした事柄を友人たちにお伝え
    することですので、このテーマを取り上げました。




    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    「台湾の声」【天皇陛下まで利用しようとする集団】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)【転載自由】

    【天皇陛下まで利用しようとする集団】
    「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!

    (転載自由)
                   
             「台湾の声」編集部 2013.4.28

    以下に、これまで本誌編集部で出した注意喚起や
    事実報道をすべて収録した。

    **************************************************
    【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!

    2013.4.10
    台湾の声編集部 多田恵

    【林志昇集団「台湾民政府」とはなにか】
    「台湾はアメリカの軍政府の占領下にある、自分たちは
    その代理である」と主張し、「台湾民政府」などと名乗
    る、狂信的なグループがあり、問題になっている。彼ら
    は台湾では、米国へのノービザ渡航が可能になったり、
    米国ビザ申請時に面接が免除になるなどと言って、「台
    湾民政府のパスポート」を以前は5000台湾ドル。
    「台湾民政府の(国民)身分証」を、今は1000台湾
    ドルの「手数料」で販売したり、「台湾民政府の公務員」
    になれるなどとして、有料の講習会を行っている。受講
    料は2日間で6000台湾ドルだという。また台湾人が
    潜在的に日本国籍を持っているとして、天皇陛下を参拝
    して国民の義務を果たすとし、数万台湾ドルの費用を出
    させるなどしている。

    林志昇集団は、台湾の独立派の人々が求めているけれど
    も、満たされていないと感じている点を自分たちだけが
    実現できると語る。台湾の一般の独立派の団体は、お互
    いに協力し合うのだが、林志昇集団は他の独立派団体を
    非難・否定することで、自らの支持を増やそうとする。
    たとえば、民進党が選挙に力を入れることや台湾独立建
    国聯盟が民進党の候補者を応援することを、「中華民国
    体制」に迎合していると非難し、集団の信者たちには選
    挙ボイコットを求めている。

    【台湾独立建国聯盟に伝わる林志昇の詐欺行為】
    林志昇集団は、無知に付け込む。その指導者である林志
    昇は、10年ほど前、「台湾独立聯盟」という名義で募
    金活動を行っていた。これは台湾独立建国聯盟が
    1987年まで使っていた名前である。黄昭堂主席の抗
    議に対し、林志昇が、「台湾独立建国聯盟と台湾独立聯
    盟は名前が異なっているから、抗議される筋合いはない」
    と答えたという逸話は、台湾独立建国聯盟の古参メンバー
    たちにとっては周知の事実である。つまり、「台独聯盟」
    という略称で知られる「台湾独立建国聯盟」が、もはや
    「台湾独立聯盟」ではない、ということに気づかない人、
    確かめない人が罠にかかってしまったというわけだ。

    【米国が承認している?】
    最近、彼らが「台湾(民)政府をアメリカの行政機関が
    認可した証明文書」として示している英文の文書の写
    真がある。この文書が本物だとしても、そこに書かれて
    いる内容は、米国の首都ワシントンD.C.政府の消費
    者および規制業務部の法人課が、「台湾政府財団」の名
    称を登録したことを証明するに過ぎない。ところが少な
    からぬ人が(なんと英語ができるはずの人でも)、その
    文面を読んで考えることなく、「へぇ、そうなんだ」と
    信じ込んでいるようだ。

    「台湾民政府」が、本当に政府だとすれば、いわば東京
    都知事に登録するようなことをする必要があるだろうか?
    一国の本当の政府が、別の国の地方自治体に法人登記す
    るなんて、ありえない。

    なお、この文章を執筆している最中にも、彼らは、日々、
    おかしな言い訳を発明して、林志昇を守ろうとしている。

    いわく、「AIT(米国在台協会。米国政府の台湾への
    窓口機関)も、同様の登記をした」。

    唖然としてしまう。AITと、一国の政府は格が違う。
    AITは民間の組織である。米国が台湾を国家承認して
    いないから、わざと「民間」の機関を作って、大使館の
    業務を「代行させて」いるのである。日本の「交流協会」、
    台湾の対中国窓口の「海基会」も、いずれも国家そのも
    のを直接代表しているのではなくて、民間の組織という
    建前を取っているのである。そしてこれらは、「協会」
    とか「財団」とか名乗っているのだ。「日本政府」とか
    「中国政府」が、ワシントン特区に対して同じ、登記を
    しているというのか?

    あるいは、法人名称の登録は、「中華民国」を詐称する
    政府が、その名前で登録するのを防ぐためである、と。
    要は、事実上、台湾を統治している政府が、米国の首都
    に対して法人登録し、「台湾政府」という名称を使って
    しまうのを防ぐために、自分たちが登録した、というわ
    けだ。支持者を使ってこう弁解しはじめた。

    一国の本当の政府が、別の国の地方自治体に法人登記す
    るなんてありえないと、最初に指摘されているのにであ
    る。「ああいえば、こういう」式の弁解であり、前提と
    なっている疑問にはまったく答えていない。

    【林志昇集団の支持者は指摘された問題を直視しようとしない】
    このように、林志昇集団の支持者は、指摘された問題を
    直視しようとせず、彼らの組織の正しさを守るために、
    とってつけたような理由によって弁解するのである。ま
    さに、カルト集団のメンバーが持つ、「組織を通して与
    えられた情報や考え方に対しては、疑ってはならない」
    という考え方そのものではないか。

    【陳水扁前総統救出活動?】
    また、林志昇集団は最近、陳水扁・前総統(受刑者)を
    救出するように米国政府に呼びかける声明を発表したが、
    その声明を台湾の自由時報に広告として掲載している
    (今日あたりは、聯合報に出したそうだ)。米国政府に
    呼びかけたいのならば、米国の新聞に広告を出すべきで
    はないか?なぜ台湾の新聞に広告を出したのであろう。

    狭い個室に24時間の照明という人権無視の環境で、心
    身をぼろぼろにされ、現在、病院で拘束されている陳水
    扁・前総統に同情を寄せる台湾人は多くいる。その広告
    を見て、「ああ、台湾民政府はいいことをやっているな」
    と思うのかもしれない。

    そして、ホワイトハウスに請願するネット投票を行って
    いる。その宣伝文句は、「あと○○○○人で、陳前総統
    が救出できる」。

    「請願」には、法的な拘束力がないという常識すらない
    人を騙しているのだ。そもそも、彼らは、以前、米国が
    軍隊を派遣して陳水扁前総統を救出すると語っていたが、
    それはどうなったのだろう。

    【ニュースでその嘘が暴かれる】
    台湾の中天テレビは、林志昇が「民政府の身分証(ID
    カード)を作れば、米国ビザ取得の面接が免除になる」
    と語っている場面と、AIT(米国の台湾におけるビザ
    発給機関)の職員が、「必ず面接は必要です」と語って
    いる場面があるニュースを製作し2012年9月26日
    に放送した。

    台湾のテレビ局ニュースチャンネルはニュースの取材力
    が乏しいためか、同じニュースが、一日中、繰り返し繰
    り返し流される。インターネットでも検索すれば、視聴
    できる。

    這麼神? 「台灣民政府」自製身分證號稱赴美免面試
    〔そんなに霊験あらたかなの?米国ビザ面接免除を謳う「台湾民政府」自製IDカード〕
    http://www.ctitv.com.tw/news_video_c13v98085.html


    【騙されるのは自業自得?】
    通常の判断力があれば確認できるような詐欺を林志昇集団
    は行っている。そして、随時、新しい嘘をでっち上げてい
    る。だから、まともな人は、それを告発しようとする意欲
    を削がれる。「どうしてこんな稚拙な嘘に騙されるやつが
    いるんだ?自業自得だ。」と考えたくなるかもしれない。

    インターネットを使って情報収集をしない老人などが餌食
    になっている。

    【騙しやすい相手を騙すのが詐欺集団の王道】
    林志昇集団は、詐欺である事実を指摘されると、それにつ
    いては、反応せず、嘘を続ける。確かに、騙せない相手を
    騙そうとするより、騙しやすい相手を同じ手で騙すほうが、
    費用対効果が優れているのだろう。それに、名誉毀損で訴
    えでもすれば、逆に、法廷で自分たちの詐欺が明らかになっ
    てしまうという計算もあろう。

    【米国や日本の権威を利用して騙す】
    林志昇集団は、米国や日本の権威を利用する。たとえば、
    皇居一般参賀に参加すると、天皇陛下に認められたとか、
    皇宮警察から大切にされ、最前列に誘導された、とか宣伝
    している。退役した日米の軍関係者、元防衛庁長官などに
    会った写真を見せて、安全保障に関して対話をしたように
    宣伝する。参議院議員会館で議員の秘書に話を聞いてもら
    うと、「参議院を訪問した」と宣伝する。また、CIAと
    か、米国国務省から認められたとか、米軍から旗を送られ
    たとか宣伝しているが、それらの証拠を示せというと、機
    密であるなどと答える。

    彼らは日本で、台湾人が潜在的に日本国籍を持つと主張し
    た。そして、皇居参賀、靖国神社参拝を行うことで、日本
    の保守派に取り入った。そうすると、台湾で、「日本の政
    府関係者に認められている」と宣伝する材料になる。

    ちなみに、米国のある政府機関では、すでに「林志昇集団
    と接触を避けるように」と職員に注意喚起がなされたとい
    う。

    【日本の台湾関係の活動に関わっているように見せかける】
    彼らの研修施設には、台湾研究フォーラムのマークに似た、
    日の丸と台湾が重なったマーク、そしてその横には「日台
    共栄」という文字が印字された旗が掲げられている。これ
    はたしかに台湾研究フォーラムが参加する日本の活動で使
    われていた旗だ。「日本での街頭活動などを台湾民政府が
    自らの活動と見せかけようとしている」というのが関係者
    の見方である。

    【米国軍事政府?】
    林志昇集団は、米国軍事政府が台湾に存在すると言ってい
    る。その旗もあるという。そして、米国軍事政府が台湾民
    政府に台湾を移管するのでそれに備えるというような話を
    している。しかし、その軍事政府なるものは、法律的に考
    えて、存在するべきだということしか示されていないのに、
    存在している、と論理が飛躍する。主張に過ぎない。仮に、
    実態として存在しているのであれば、そのトップは誰なの
    か?どんな兵力がどこに駐屯しているのか。米国はどのよ
    うな予算措置を行っているのか?

    ちなみに、彼らの「政府庁舎」では、いろんな旗を揚げて
    いる。その一つが、「米国軍事政府」の旗である。何通り
    もあるので、いちいち構いたくないが、そのひとつは、
    「美國軍事政府台灣旗(Flag for USMG in Taiwan)」で
    ある。米国の国旗に、緑の台湾が描かれている。ネットに
    よると、林志昇集団の「[登β]芬慧」のデザインだそうで
    ある。どうして米国軍事政府の旗を、林志昇集団がデザイ
    ンできるか、これもおかしな話であるが、米国の国旗の星
    の数は、米国の州の数の増加に合わせて変わっているのに、
    その歴史と合ってないと指摘されている。

    ちなみに、彼らは、USMG(米国軍事政府)とか、TCG(台
    湾民政府)という略号を良く使う。このような略号を使っ
    て、人々を煙に巻き、自分たちだけが物知りであるかのよ
    うに振舞っている。この点は、「共同体内部でのみ通用す
    る言葉を多く持っている」というカルトの特徴に合致して
    いるともいえる。

    【本当に政府?】
    林志昇集団は、自分たちが、「政府」だと主張している。
    とてもたくさん、「大臣」がいる。が、いったいどのよう
    に、予算を立て、行政サービスを行っているのか?

    「中華民国体制」を拒否し、そのために選挙ボイコットを
    他者に求めるのであれば、「中華民国」体制への税金の納
    付などをまず自分が拒否したらどうか。

    【新しい名前は「台湾政府」!】
    最近、彼らは、「台湾政府」という名前に改名して、喜ん
    でいる。そもそも、林志昇の「米国平民政府」と、彼の
    「台湾民政府」、どうして名前が、コロコロ変わるのか?
    「民政府」とか、「平民政府」というのは、軍事的には
    「米国に占領されている」が、かつて米軍占領下の琉球政
    府のように、行政を担当する文民の政府という名前の付け
    方である。

    「台湾政府」になったのなら、どのように実態が変わった
    というのだろうか?軍隊を持てるようになった?もし、今、
    「台湾政府」と名乗れるなら、どうして、最初からそう名
    乗らなかった?「台湾民政府」という名前で、詐欺を続け
    ることが難しくなってきたから、名前を変えたのだろうか?

    【自製ナンバーの話】
    ところで、彼らは、自分たちで車のナンバーを作って車両
    に取り付けそれをビデオで撮影してネットに載せたりして
    いる。でも、画像は近くからの撮影で、正規のナンバープ
    レートがついていないことを確認できないものもあるし、
    そもそも公道を走行しているのではなく、停車中の映像だ。

    実は、台湾では他にも「台湾国委員会」などの独立派団体
    が、そのようなことを行っている。「台湾国委員会」と警
    察に取材したニュース報道によれば、これは罰金がかかる
    という。「台湾国委員会」の熱烈な支持者は、実際にこれ
    で公道を走行し、警察官が違法であることを指摘すると、
    警察官に対して主権論議をして、罰金支払い義務がないと
    主張するのだそうだ。林志昇集団のやっていることは二番
    煎じである。

    【林志昇は、「ROC」パスポート使いたくないから出国しない?】
    ところで、彼らが大勢で日本へ来る際に、林志昇は、台湾
    を出ない。「中華民国」のパスポートを使いたくないから
    だと言われている。たしかに、彼らは「中華民国体制」を
    拒否するために選挙ボイコットを呼びかけている。では、
    どうして大勢の信者たちは、「中華民国」のパスポートで
    日本へ入国するのか?かつて林志昇集団のウェブサイトを
    担当し、いまは脱会し、インターネットで「民政府」の問
    題を詳細に暴露している「櫻川武蔵」氏によれば、林志昇
    は税金滞納により出国が禁止されているということだ。

    「櫻川武蔵」氏の告発サイト(最新):
    http://taiwanheart.ning.com/profile/yingchuanwucang

    「櫻川武蔵」氏の告発サイト(旧):
    http://tw01.org


    【嘘を見抜いた石戸谷慎吉氏】
    なお、石戸谷慎吉氏は、はじめは台湾民政府の靖国神社、
    天皇陛下に対する態度に感動し、日本人台湾民政府協力会
    の会長となった。そして、自身の人脈から米国の軍関係者
    などを紹介したという。しかし、のちに民政府が靖国神社
    を宣伝に利用しているにすぎないことや、実際には米国の
    政軍関係者と人脈がないことを見抜き、本誌に"さよなら
    「台湾民政府」"と題した訣別宣言を寄せた。これは、自
    身が林志昇集団に協力したために、いろんな日本人を林志
    昇集団に紹介し、彼らが引き続き林志昇集団に利用され続
    けているのに心を痛めてのことである。

    「台湾の声」【読者便り】さよなら「台湾民政府」(2013/03/21配信)
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407

    【批判・疑問に対する彼らの逃げ方】
    林志昇集団の信者たちは、台湾独立派の人たちを勧誘しよ
    うとする。最近の例では、自らが同集団の役職についてい
    るにもかかわらず、そのことを隠して接触してくるケース
    が見られる。他人を説得して自分たちが正しいと認めさせ
    ようとする。もしこちらが林志昇のこれまでの行為と言論
    の矛盾などについて指摘すると、こんどは、「それは人の
    問題であって、理論の問題ではない。」といって、なんと
    か認めさせようとする。もし、こちらが強く批判すれば、
    「協力しないなら、それでかまわないのに、批判するのは
    何か企みがあるのではないか」などといって、批判を封じ
    ようとする。そして、もし彼らへの非協力者が、彼らにとっ
    て敵に仕立てる格好の相手であるときは、公開で口汚く罵
    る。

    【落選したのに当選を宣言した林志昇】
    林志昇が、どんな人物か、理解していただくために、ちょっ
    と調べれば、わかるエピソードを一つ紹介しよう。

    2006年12月、林志昇は、「保護台湾大聯盟」という
    党から、高雄市長選挙に出馬し、1746票という最低得
    票で、あっけなく落選した。ところが、その結果を見た林
    志昇は、なんと、「アメリカ台湾平民政府(美国台湾平民
    政府)」という名義で、自分が高雄市長に当選したと宣言
    したのである。また、「保護台湾大聯盟」から高雄市議会
    議員に出馬して、落選した5名の候補者についても、同じ
    ように「当選した」と宣言したのだ。お話にもならない。
    その選挙で本当に当選したのは、陳菊市長である。いまも、
    陳菊さんが市長だ。ところで、林志昇は、当選した市長の
    仕事をちゃんとやっていたのだろうか?彼のいう「高雄市」
    は、いまどうなっているのだろう。

    【人間性こそ問題】
    彼らの「理論」は、それまでに言われていたことを寄せ集
    め、せいぜい、論理を飛躍させたものに過ぎない。「中華
    民国体制」を否定することは、台湾独立を求める人々の耳
    に心地よく聞こえる部分があることは否めない。しかし、
    実は、「人の問題」は大切である。「中華民国憲法」は、
    民主的かもしれないが、蒋介石が台湾人を処刑するように
    命じたとき、その憲法は遵守されなかった。中国の憲法も、
    絵に描いた餅になっている。社会主義の理想は多くの知識
    人たちを魅了したが、ソビエトや中国そしてクメール・
    ルージュ、北朝鮮がいったいどんな理想社会を建設したと
    いうのか?

    彼らの主張の問題点は、次のように例えられる:「あなた
    は法律によれば結婚できるのだ。私はその相手として法的
    に認められた。だから私があなたの結婚相手だ」。

    【台湾の民主主義的な制度がボイコットの対象?】
    台湾の政府が、自らを「中華民国」と詐称しているのは間
    違いである。しかし、台湾人が直接選挙で総統を選ぶこと、
    あるいは議員や、市長を選ぶことは民主主義の行使であり、
    選ばれた総統は台湾総統と呼ぶにふさわしいのだ。むしろ、
    Republic of Chinaの総統を名乗る権利こそ、ない。林志
    昇集団は、総統選挙ボイコットを主張しているが、台湾の
    民主制度は、ボイコットされるべきものではないのだ。


    【IDカードが詐欺だったとしても1000台湾ドルにすぎない?】
    1000台湾ドルは、台湾の物価にしたら、結構な金額で
    あるが、たしかに、それ自体は、詐欺と騒ぎ立てる金額で
    はないかもしれない。しかし、もし彼らを信用して1000台
    湾ドルを払った被害者の被害はそれだけで済むのだろうか?
    研修を受けるにも金がかかる。あるいは新聞に広告を出す
    から資金が必要だと、寄付を呼びかけているかもしれない。
    もし単純な経済的な詐欺だとすれば、一度、騙せた人間は
    騙しやすいとして何度もしゃぶられるのであろう。あたか
    も日本では詐欺に遭った「カモ」の名簿が闇で流通してい
    るのと同じ原理である。

    【奪われるのは金銭だけ?】
    実は、金銭だけではない。台湾に詳しいはずのある日本人
    が、台湾ではもう228事件の活動が行われていないと公
    言していた。その人は、3月に台湾へ行って、林志昇集団
    の関係者と会ってきたらしい。本誌でも報道したように、
    今年は「三月大虐殺を忘れるな」というテーマで、民進党
    や台聯の主席、蔡英文氏も参加したデモ行進が行われたの
    だ(3月1日配信「【現地レポート】再び228事件を起
    こしてはならない」)。林志昇集団は、このようにして、
    台湾人が台湾国の実現のために努力をしていないかのよう
    なイメージを、その日本人に与えるのに成功した。

    【彼らは台湾独立派を攻撃し、日台関係を破壊する】
    そして彼らは民進党や、台湾独立建国聯盟、そして、米国
    でロビー活動などを行っている台湾人公共協会(FAPA)
    などを敵視し中傷している。

    中傷されたほうの団体は、これまで、林志昇集団を批判し
    たことはない。そもそも取り合っていない。民進党や台独
    聯盟、台湾人公共協会の功績は、かれらに批判されたくら
    いで否定されるほど儚いものではない。

    しかし、林志昇集団は、台湾の独立派の人々から金と勢力
    を奪い取り、それを利用して他の独立派の団体を中傷・攻
    撃し、独立派が団結して台湾をリードすることを阻害して
    いる。

    日本にとって台湾は生命線であるが、中国に呑み込まれた
    くない台湾人にとっては、日本や米国が命綱である。とこ
    ろが、林志昇集団は、台湾と日本そして米国の間に入り込
    み、台独聯盟やFAPAの力を削ごうとしている。日本語
    の堪能な、黄恵瑛や陳辰光、あるいは、林志昇集団に協力
    する日本人が、台湾に興味を持つ日本人におかしな情報を
    吹き込んでいる。彼らがもし、このまま増殖し続ければ、
    日本と台湾の関係にとって大きなダメージを与えるかもし
    れない。

    前述の「櫻川武蔵」氏が、林志昇と訣別したきっかけになっ
    たのは、林志昇の指示が書かれたメールである。そのメー
    ルでは、民進党、台湾独立建国聯盟(原文は「台湾独立建
    国」)、台湾人公共事務協会(FAPA)を敵だと名指し
    している。これに違和感を持った「櫻川武蔵」氏は、脱退
    し、反林志昇の急先鋒となった。

    「中華民国体制」に反対する有能な人たちの一部さえ、林
    志昇集団に騙されてしまっている。彼らは、台湾独立建国
    への夢、精力、財産を無駄にせず、一日も早く目を覚まし
    て、林志昇と訣別し、台湾独立建国運動に戻り、力をあわ
    せて「中華民国体制」を倒すべきではないか。

    まだまだ多くの人が騙されているときに、その問題を知っ
    ている者が声を挙げないでいることは、犯罪の片棒を担ぐ
    ことになってしまう。そこで皆様に、注意を呼びかける次
    第である。

    **************************************************
    「台湾の声」【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ

    台湾の声ニュース 2013.4.14

    昨日、TVBSが報道したところによれば、台湾の南
    投県および台北市の警察署より、林志昇集団「台湾民
    政府」が発行しているIDカード(身分証)販売に注
    意するよう呼びかけが出されたという。なお、林志昇
    集団は、最近、「台湾政府」と名称変更し、そのID
    カードも「台湾政府身分証」と表記されている。

    「このIDカードがあれば、米国のビザ免除プログラ
    ムによるESTA申請が不要になる」と言われて購入した
    が、そうはならず、うやむやにされたという視聴者か
    らの訴えでTVBSが取材した。

    米国の事実上の大使館であるAIT(米国在台協会)
    はこのIDカードの有効性を否定し、「パスポートが
    必要」としている。

    南投県政府警察局では、2月19日に「最近、虚偽の
    宣伝文書をもって、米国政府が審査発行する台湾政府
    身分証などの便宜が得られるとして、原住民部落{原
    文}に侵入し詐欺を行っている詐欺集団があるので、
    信じて騙されないように」という注意喚起を行った。

    また、台北市警察局文山第二分局でも2月24日にほ
    ぼ同様の注意を呼びかけた。

    報道によれば、林志昇は「IDカードだけではなく、
    「台湾政府(台湾民政府のこと)」発行の旅行文書を
    取得して初めてノービザになる」と説明しており、詐
    欺はさらに拡大する様相を見せている。

    なお、台湾を米国の一州にしてから独立をという運動
    をしている黄育旗氏は、当初は林志昇に協力していた
    が、途中で協力するのをやめ、今ではネットテレビ
    (風雲網路電台)で林志昇の詐欺を告発している。

    黄氏によれば、かつて林志昇らが発行していたパス
    ポートを使って米国に入ろうとした台湾人が目の前で
    送還されたという。

    黄氏はまた、米国の統治下では身分証は発行されず、
    身分証明は社会保障番号や運転免許証で行われるので、
    林志昇が米国が発行した身分証だと宣伝しているのは
    おかしい、と指摘している。

    黄氏は常識がない人が騙されて共犯になっていると厳
    しく批判している。

    またその番組の司会を務める劉丁妹氏は、自身が林志
    昇集団の研修を受けに行きましょう、と誘われた時の
    経験を明かした。「お金がかかるから行きたくない」
    と断ったところ、「そんなの気にしなくても大丈夫」
    と言われたので、行ってみたら、宿泊費・食費を含め
    て高額の研修費を請求されたという。

    南投県警の注意喚起(中国語)
    http://www.ncpb.gov.tw/index.php?code=list&flag=detail&ids=32&article_id=14304

    台北市警文山第二分局の注意喚起(中国語)
    http://w2pp.tcpd.gov.tw/ct.asp?xItem=45790105&ctNode=35247&mp=108111

    TVBSの報道(中国語)
    http://www.tvbs.com.tw/news/news_list.asp?no=miranda012020130413193629&&dd=2013/4/13%20%A4U%A4%C8%2007:46:11

    用民政府護照遭強制驅境
    [ 風雲網路電台 2012-06-28 ](台湾語)
    http://www.youtube.com/watch?v=4qautiPssL0

    黄育旗:美國統治會用社會保障號碼不會用身分證
    [ 風雲網路電台 2012-09-26 ](台湾語)
    http://www.youtube.com/watch?v=ROrsu0tJZD4


    **************************************************

    【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定

    台湾の声ニュース 2013.4.20

    14日に報道したように、2月中旬以降、台湾各地の警察
    で林志昇集団による身分証詐欺への警戒が呼びかけられ
    ている。櫻川武蔵氏によれば、台北市、南投縣、彰化縣、
    台南市、高雄市、花蓮縣、台東縣の警察署で、この注意
    喚起が呼びかけられている。

    そのなかで、台南市警察局永康分局では、林志昇集団の
    宣伝用チラシの写真に、「これは詐欺です。被害にあわ
    ないよう警戒してください」という注意書きを入れて、
    インターネットで公開した(2月23日付)。

    現在、林志昇集団は、
    (1)7月にパスポート(旅行文書)を発行することについ
    て5月12日の研修会で発表を行う。
    (2)今月下旬に団体で訪米し記者会見を行う。
    (3)4月28日に読売新聞に紙面広告を出すこと、
    などを準備していると宣伝している。

    実は、林志昇集団はこれまでに「パスポート」を発行し
    て、それが使えないことがメディアで報道されている
    (2011年12月)。林志昇集団の支持者たちが、同じ手に、
    騙されるのは哀れである。

    彼らが、動きを急に活発化させるのは、すでに警察から
    も目をつけられて、最後に騙せるだけ騙し取ろうという
    ことなのだろうか。

    なお、(1)の具体的な日程は、「高雄州」会議が4月18日
    に出した布告によるものであり、林志昇集団の中央(台
    湾民政府、「台湾政府」)では具体的な日程をまだ明ら
    かにしていない。

    ちなみに、台湾では、過去に「建国党」の台湾共和国パ
    スポート運動(2001年)があったほか、1990年にエスト
    ニアで行われたという「エストニア市民登録」に倣った
    「台湾国籍宣示」運動(2012年3月。台灣守護聯盟ほか。
    100台湾ドル)、王献極氏の「台湾国民身分証」(2013
    年2月。300台湾ドル)などの活動があり、台湾人の間に
    は「中華民国」への嫌悪感が広まっている。林志昇集団
    は、この機運を捉えたわけである。

    林志昇集団の「身分証」は1000台湾ドル。研修やら著書
    やら旅行やらパスポートやら関連販売もあるので、一度
    信じたら、被害は甚大になる。ある幹部は、何十万ドル
    (米ドル)もの寄付をして、やめようにも辞めさせても
    らえないと漏らしているという。

    台南・永康分局が示したチラシ:
    http://www.tnpd.gov.tw/uploadimg/pubtncgb/comm/201302211654000.jpg

    2011年末にすでに問題になっていた林志昇集団の偽パスポート報道:
    http://www.tvbs.com.tw/news/news_list.asp?no=jimmyliu220111209181400

    2011年の偽パスポート問題について櫻川武蔵氏のまとめ:
    http://taiwanyes.ning.com/profiles/blogs/1970702:BlogPost:2177340


    **************************************************
    「台湾の声」【NEWSと論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局

    台湾の声「ニュースと論説」 2013.4.27

    本誌では、3月21日および4月18日に、石戸谷慎
    吉氏(元・日本人台湾民政府協力会会長)による告発
    文等を掲載。4月10日に編集部員・多田恵による注
    意喚起。14日および20日に台湾の警察が、「台湾
    民政府」林志昇カルト詐欺集団への注意喚起を行って
    いることなどを報道した。

    これに対し、林志昇集団の幹部である陳辰光、黄恵瑛
    の両氏が、ヒステリックな「反論」のメールを拡散し、
    懸命に、同集団への疑問の声を封じようとしている。

    両氏に共通するのは、詐欺だという指摘について、台
    湾当局「内政部」の、165詐欺防止電話窓口に電話
    すれば、詐欺でないことが分かる、と宣伝している点
    である。これは両氏のみならず、同集団の信奉者の統
    一見解であるようだ。陳氏によれば、これは林志昇の
    「直接のコメント」だという。

    そこで、台湾の同志を通じて問い合わせたところ、
    内政部では次のように答えた:

    「民政府についての詐欺相談は多数寄せられています。
    そのため各警察署を通じて詐欺被害防止を呼びかけて
    います。」

    つまり、林志昇は「内政部に電話すれば、自分たちが
    詐欺ではないことが証明される」と潔白を宣伝したが、
    それを聞いて、実際に電話をかけずに、林志昇を信じ
    ることを選ぶ人々を騙しているのである。


    陳氏は、4月18日付のメールで、次のように書いて
    いる:

    「林志昇さん直接のコメントは:『中華民国亡命政権
     の内政部の反詐欺ペテンの問い合わせ電話番号の
     165番で質問に答えています』。水掛け論は不毛です。」

    〔引用にあたり、趣旨を変えない範囲で語句を整えた。〕

    陳氏は、林の言葉を、なんら検証することなく、詐欺
    との指摘を「水掛け論」と断定している。

    このことから林志昇が、洗脳されて思考停止に陥り、
    自ら検証できない人々を餌食にし、さらに、詐欺の片
    棒を担がせていることが分かる。

    また、黄氏は4月20日付の「台湾の声編集部 多田
    恵氏に一筆申す」と題するメールで次のように書いて
    いる:

    「台湾地位正常化を目指している台湾民政府をカルト
     集団と批判し中傷するとは何たることですか?」

    「国際戦争法も国際条約も勉強せずして、自分勝手な
     解釈で台湾民政府の悪宣伝は止めて欲しい。自分達
     の実りなき長年の『台湾独立建国運動』を反省して
     から他人を批判せよ!」

    林志昇集団の問題は、詐欺の問題であり、台湾の地位
    の問題とは関わりがない。論点のすり替えである。ど
    んなに国際法が分かっていようと、詐欺を見抜けない
    のでは、先が思いやられる。

    台湾人の台湾への想いは、熱いものがあるが、資源は
    正しい方向に注ぎ込むべきであり、詐欺集団に注ぎ込
    むのは愚かである。冷静な判断をせずに、彼らに騙さ
    れることは、自らのみならず、台湾の同胞、台湾の支
    持者、台湾を傷つける愚行に過ぎない。

    なお、石戸谷氏が繋いだという自衛隊OBが引き続き、
    林志昇と関わっている。実に嘆かわしい。

    林志昇たちに歓待され、気持ちがいいかもしれないが、
    そのことによって彼らが台湾人を騙すための演出の道
    具となっているのである。彼らの饗応を受け詐欺の片
    棒を担いだことが後になって分かれば、後味の悪いこ
    とであろう。

    林集団は、4月25日にその幹部たちが訪米して記者
    会見を行う、としきりに宣伝していた。実際に行った
    らしい。しかし、国際社会の注目を集めることはでき
    なかった。

    ところが、林志昇らは、彼ら訪米組の記者会見での発
    表が不正確だと言って、彼らを譴責する声明を出した。

    その内容はどうでもよいことだ。重要なのは、このや
    りかたが、中共が得意とする吊るし上げと同じである
    という点である。

    林志昇の片棒を担いだ人は、いつのまにか林の犯罪の
    責任をなすりつけられてしまうということにならない
    ように気をつけたほうがいい。


    関連記事:
    2013/04/20 【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定
    http://www.emaga.com/bn/?2013040002159104002327.3407
    2013/04/18
    【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001881652001623.3407
    2013/04/14
    【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001430315002955.3407
    2013/04/10
    【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001042647017228.3407
    2013/03/21
    【読者便り】さよなら「台湾民政府」
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407


    「台湾の声」http://www.emaga.com/info/3407.html





      

     

    「台湾の声」【 NEWS と論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局

    「台湾の声」【NEWSと論説】「民政府」詐欺相談多数ー台湾当局

    台湾の声「ニュースと論説」 2013.4.27

    本誌では、3月21日および4月18日に、石戸谷慎
    吉氏(元・日本人台湾民政府協力会会長)による告発
    文等を掲載。4月10日に編集部員・多田恵による注
    意喚起。14日および20日に台湾の警察が、「台湾
    民政府」林志昇カルト詐欺集団への注意喚起を行って
    いることなどを報道した。

    これに対し、林志昇集団の幹部である陳辰光、黄恵瑛
    の両氏が、ヒステリックな「反論」のメールを拡散し、
    懸命に、同集団への疑問の声を封じようとしている。

    両氏に共通するのは、詐欺だという指摘について、台
    湾当局「内政部」の、165詐欺防止電話窓口に電話
    すれば、詐欺でないことが分かる、と宣伝している点
    である。これは両氏のみならず、同集団の信奉者の統
    一見解であるようだ。陳氏によれば、これは林志昇の
    「直接のコメント」だという。

    そこで、台湾の同志を通じて問い合わせたところ、
    内政部では次のように答えた:

    「民政府についての詐欺相談は多数寄せられています。
    そのため各警察署を通じて詐欺被害防止を呼びかけて
    います。」

    つまり、林志昇は「内政部に電話すれば、自分たちが
    詐欺ではないことが証明される」と潔白を宣伝したが、
    それを聞いて、実際に電話をかけずに、林志昇を信じ
    ることを選ぶ人々を騙しているのである。


    陳氏は、4月18日付のメールで、次のように書いて
    いる:

    「林志昇さん直接のコメントは:『中華民国亡命政権
     の内政部の反詐欺ペテンの問い合わせ電話番号の
     165番で質問に答えています』。水掛け論は不毛です。」

    〔引用にあたり、趣旨を変えない範囲で語句を整えた。〕

    陳氏は、林の言葉を、なんら検証することなく、詐欺
    との指摘を「水掛け論」と断定している。

    このことから林志昇が、洗脳されて思考停止に陥り、
    自ら検証できない人々を餌食にし、さらに、詐欺の片
    棒を担がせていることが分かる。

    また、黄氏は4月20日付の「台湾の声編集部 多田
    恵氏に一筆申す」と題するメールで次のように書いて
    いる:

    「台湾地位正常化を目指している台湾民政府をカルト
     集団と批判し中傷するとは何たることですか?」

    「国際戦争法も国際条約も勉強せずして、自分勝手な
     解釈で台湾民政府の悪宣伝は止めて欲しい。自分達
     の実りなき長年の『台湾独立建国運動』を反省して
     から他人を批判せよ!」

    林志昇集団の問題は、詐欺の問題であり、台湾の地位
    の問題とは関わりがない。論点のすり替えである。ど
    んなに国際法が分かっていようと、詐欺を見抜けない
    のでは、先が思いやられる。

    台湾人の台湾への想いは、熱いものがあるが、資源は
    正しい方向に注ぎ込むべきであり、詐欺集団に注ぎ込
    むのは愚かである。冷静な判断をせずに、彼らに騙さ
    れることは、自らのみならず、台湾の同胞、台湾の支
    持者、台湾を傷つける愚行に過ぎない。

    なお、石戸谷氏が繋いだという自衛隊OBが引き続き、
    林志昇と関わっている。実に嘆かわしい。

    林志昇たちに歓待され、気持ちがいいかもしれないが、
    そのことによって彼らが台湾人を騙すための演出の道
    具となっているのである。彼らの饗応を受け詐欺の片
    棒を担いだことが後になって分かれば、後味の悪いこ
    とであろう。

    林集団は、4月25日にその幹部たちが訪米して記者
    会見を行う、としきりに宣伝していた。実際に行った
    らしい。しかし、国際社会の注目を集めることはでき
    なかった。

    ところが、林志昇らは、彼ら訪米組の記者会見での発
    表が不正確だと言って、彼らを譴責する声明を出した。

    その内容はどうでもよいことだ。重要なのは、このや
    りかたが、中共が得意とする吊るし上げと同じである
    という点である。

    林志昇の片棒を担いだ人は、いつのまにか林の犯罪の
    責任をなすりつけられてしまうということにならない
    ように気をつけたほうがいい。


    関連記事:
    2013/04/20 【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定
    http://www.emaga.com/bn/?2013040002159104002327.3407
    2013/04/18
    【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001881652001623.3407
    2013/04/14
    【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001430315002955.3407
    2013/04/10
    【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001042647017228.3407
    2013/03/21
    【読者便り】さよなら「台湾民政府」
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407



    「台湾の声」http://www.emaga.com/info/3407.html




    「台湾の声」【 NEWS 】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定

    【NEWS】台南警察、林志昇集団のチラシを詐欺と断定

    台湾の声ニュース 2013.4.20

    14日に報道したように、2月中旬以降、台湾各地の警察
    で林志昇集団による身分証詐欺への警戒が呼びかけられ
    ている。櫻川武蔵氏によれば、台北市、南投縣、彰化縣、
    台南市、高雄市、花蓮縣、台東縣の警察署で、この注意
    喚起が呼びかけられている。

    そのなかで、台南市警察局永康分局では、林志昇集団の
    宣伝用チラシの写真に、「これは詐欺です。被害にあわ
    ないよう警戒してください」という注意書きを入れて、
    インターネットで公開した(2月23日付)。

    現在、林志昇集団は、
    (1)7月にパスポート(旅行文書)を発行することについ
    て5月12日の研修会で発表を行う。
    (2)今月下旬に団体で訪米し記者会見を行う。
    (3)4月28日に読売新聞に紙面広告を出すこと、
    などを準備していると宣伝している。

    実は、林志昇集団はこれまでに「パスポート」を発行し
    て、それが使えないことがメディアで報道されている
    (2011年12月)。林志昇集団の支持者たちが、同じ手に、
    騙されるのは哀れである。

    彼らが、動きを急に活発化させるのは、すでに警察から
    も目をつけられて、最後に騙せるだけ騙し取ろうという
    ことなのだろうか。

    なお、(1)の具体的な日程は、「高雄州」会議が4月18日
    に出した布告によるものであり、林志昇集団の中央(台
    湾民政府、「台湾政府」)では具体的な日程をまだ明ら
    かにしていない。

    ちなみに、台湾では、過去に「建国党」の台湾共和国パ
    スポート運動(2001年)があったほか、1990年にエスト
    ニアで行われたという「エストニア市民登録」に倣った
    「台湾国籍宣示」運動(2012年3月。台灣守護聯盟ほか。
    100台湾ドル)、王献極氏の「台湾国民身分証」(2013
    年2月。300台湾ドル)などの活動があり、台湾人の間に
    は「中華民国」への嫌悪感が広まっている。林志昇集団
    は、この機運を捉えたわけである。

    林志昇集団の「身分証」は1000台湾ドル。研修やら著書
    やら旅行やらパスポートやら関連販売もあるので、一度
    信じたら、被害は甚大になる。ある幹部は、何十万ドル
    (米ドル)もの寄付をして、やめようにも辞めさせても
    らえないと漏らしているという。

    台南・永康分局が示したチラシ:
    http://www.tnpd.gov.tw/uploadimg/pubtncgb/comm/201302211654000.jpg

    2011年末にすでに問題になっていた林志昇集団の偽パスポート報道:
    http://www.tvbs.com.tw/news/news_list.asp?no=jimmyliu220111209181400

    2011年の偽パスポート問題について櫻川武蔵氏のまとめ:
    http://taiwanyes.ning.com/profiles/blogs/1970702:BlogPost:2177340



    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html




    「台湾の声」【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である

    【読者便り】台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である


                     石戸谷 慎吉

    台湾民政府の構成員には、永年の友人の本島台湾人もいる。日本語世代の方もいる。みんな、2008年総統選挙の惨敗の後、独立建国聯盟、FAPA, 民進党、その他組織には失望した方だ。最期にたどり着いたのが台湾民政府だった。

    台湾民政府の個々の信者を非難することでは無い、マインド・コントロールを解き、味方に加わって貰う事だと思う。

    台湾建国独立聯盟、FAPA, 民進党政権は米国民主党の議員に細いパイプがあるだけだと思う。それ以外の対米関係を構築出来なかったので、また、構築の必要性み気が付かなかったので 2008年に、本島台湾人の信頼を得られず民進党は大惨敗してしまった。2012年はそれに比較すると若干回復したが2016年には、国民党は朱立倫候補でなくても民進党は全く勝ち目が無い。

    2016年の選挙は台湾の最期選挙だと思う。後は凶惨土匪支那の選挙だろう。まっとうな選挙が凶惨土匪支那で有るとは聞いたことがない。その時、米国は台湾の将来を決定する力を失っているかも知れない。

    米国民、米上院、下院に対する働き掛け以外に道は無い。

    台湾民政府は林志昇のカルト詐欺集団である。虚偽宣伝を繰り返すカルト詐欺集団である。

    その役割を考えてみた。しかし、理論は80%正しい。林志昇グループの役割は、この理論の信用を失わせることであると思う。虚偽宣伝を繰り返すカルト集団が宣伝する理論を信用するものなど多くはない。支那人が考えそうな謀略だと最近は考えている。中華民国の警察は民政府には手を出さないと予想する。何故なら中華民国=支那に役に立つからである。

    事は台湾の選挙の問題では無い、大東亜の安全の問題である。世界の安全保障の問題である。





    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html

    「台湾の声」【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ

    「台湾の声」【林志昇詐欺集団】警察でも警戒呼びかけ

    台湾の声ニュース 2013.4.14

    昨日、TVBSが報道したところによれば、台湾の南
    投県および台北市の警察署より、林志昇集団「台湾民
    政府」が発行しているIDカード(身分証)販売に注
    意するよう呼びかけが出されたという。なお、林志昇
    集団は、最近、「台湾政府」と名称変更し、そのID
    カードも「台湾政府身分証」と表記されている。

    「このIDカードがあれば、米国のビザ免除プログラ
    ムによるESTA申請が不要になる」と言われて購入した
    が、そうはならず、うやむやにされたという視聴者か
    らの訴えでTVBSが取材した。

    米国の事実上の大使館であるAIT(米国在台協会)
    はこのIDカードの有効性を否定し、「パスポートが
    必要」としている。

    南投県政府警察局では、2月19日に「最近、虚偽の
    宣伝文書をもって、米国政府が審査発行する台湾政府
    身分証などの便宜が得られるとして、原住民部落{原
    文}に侵入し詐欺を行っている詐欺集団があるので、
    信じて騙されないように」という注意喚起を行った。

    また、台北市警察局文山第二分局でも2月24日にほ
    ぼ同様の注意を呼びかけた。

    報道によれば、林志昇は「IDカードだけではなく、
    「台湾政府(台湾民政府のこと)」発行の旅行文書を
    取得して初めてノービザになる」と説明しており、詐
    欺はさらに拡大する様相を見せている。

    なお、台湾を米国の一州にしてから独立をという運動
    をしている黄育旗氏は、当初は林志昇に協力していた
    が、途中で協力するのをやめ、今ではネットテレビ
    (風雲網路電台)で林志昇の詐欺を告発している。

    黄氏によれば、かつて林志昇らが発行していたパス
    ポートを使って米国に入ろうとした台湾人が目の前で
    送還されたという。

    黄氏はまた、米国の統治下では身分証は発行されず、
    身分証明は社会保障番号や運転免許証で行われるので、
    林志昇が米国が発行した身分証だと宣伝しているのは
    おかしい、と指摘している。

    黄氏は常識がない人が騙されて共犯になっていると厳
    しく批判している。

    またその番組の司会を務める劉丁妹氏は、自身が林志
    昇集団の研修を受けに行きましょう、と誘われた時の
    経験を明かした。「お金がかかるから行きたくない」
    と断ったところ、「そんなの気にしなくても大丈夫」
    と言われたので、行ってみたら、宿泊費・食費を含め
    て高額の研修費を請求されたという。

    南投県警の注意喚起(中国語)
    http://www.ncpb.gov.tw/index.php?code=list&flag=detail&ids=32&article_id=14304

    台北市警文山第二分局の注意喚起(中国語)
    http://w2pp.tcpd.gov.tw/ct.asp?xItem=45790105&ctNode=35247&mp=108111

    TVBSの報道(中国語)
    http://www.tvbs.com.tw/news/news_list.asp?no=miranda012020130413193629&&dd=2013/4/13%20%A4U%A4%C8%2007:46:11

    用民政府護照遭強制驅境
    [ 風雲網路電台 2012-06-28 ](台湾語)
    http://www.youtube.com/watch?v=4qautiPssL0

    黄育旗:美國統治會用社會保障號碼不會用身分證
    [ 風雲網路電台 2012-09-26 ](台湾語)
    http://www.youtube.com/watch?v=ROrsu0tJZD4


    本誌関連記事

    2013/04/10【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)
    http://www.emaga.com/bn/?2013040001042647017228.3407

    2013/03/21【読者便り】さよなら「台湾民政府」
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html



    「台湾の声」「台湾の声」【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)

    「台湾の声」【要注意】「台湾民政府」林志昇カルト集団に注意!(長文)

    2013.4.10
    台湾の声編集部 多田恵


    【林志昇集団「台湾民政府」とはなにか】
    「台湾はアメリカの軍政府の占領下にある、自分たちは
    その代理である」と主張し、「台湾民政府」などと名乗
    る、狂信的なグループがあり、問題になっている。彼ら
    は台湾では、米国へのノービザ渡航が可能になったり、
    米国ビザ申請時に面接が免除になるなどと言って、「台
    湾民政府のパスポート」を以前は5000台湾ドル。
    「台湾民政府の(国民)身分証」を、今は1000台湾
    ドルの「手数料」で販売したり、「台湾民政府の公務員」
    になれるなどとして、有料の講習会を行っている。受講
    料は2日間で6000台湾ドルだという。また台湾人が
    潜在的に日本国籍を持っているとして、天皇陛下を参拝
    して国民の義務を果たすとし、数万台湾ドルの費用を出
    させるなどしている。

    林志昇集団は、台湾の独立派の人々が求めているけれど
    も、満たされていないと感じている点を自分たちだけが
    実現できると語る。台湾の一般の独立派の団体は、お互
    いに協力し合うのだが、林志昇集団は他の独立派団体を
    非難・否定することで、自らの支持を増やそうとする。
    たとえば、民進党が選挙に力を入れることや台湾独立建
    国聯盟が民進党の候補者を応援することを、「中華民国
    体制」に迎合していると非難し、集団の信者たちには選
    挙ボイコットを求めている。

    【台湾独立建国聯盟に伝わる林志昇の詐欺行為】
    林志昇集団は、無知に付け込む。その指導者である林志
    昇は、10年ほど前、「台湾独立聯盟」という名義で募
    金活動を行っていた。これは台湾独立建国聯盟が
    1987年まで使っていた名前である。黄昭堂主席の抗
    議に対し、林志昇が、「台湾独立建国聯盟と台湾独立聯
    盟は名前が異なっているから、抗議される筋合いはない」
    と答えたという逸話は、台湾独立建国聯盟の古参メンバー
    たちにとっては周知の事実である。つまり、「台独聯盟」
    という略称で知られる「台湾独立建国聯盟」が、もはや
    「台湾独立聯盟」ではない、ということに気づかない人、
    確かめない人が罠にかかってしまったというわけだ。

    【米国が承認している?】
    最近、彼らが「台湾(民)政府をアメリカの行政機関が
    認可した証明文書」として示している英文の文書の写
    真がある。この文書が本物だとしても、そこに書かれて
    いる内容は、米国の首都ワシントンD.C.政府の消費
    者および規制業務部の法人課が、「台湾政府財団」の名
    称を登録したことを証明するに過ぎない。ところが少な
    からぬ人が(なんと英語ができるはずの人でも)、その
    文面を読んで考えることなく、「へぇ、そうなんだ」と
    信じ込んでいるようだ。

    「台湾民政府」が、本当に政府だとすれば、いわば東京
    都知事に登録するようなことをする必要があるだろうか?
    一国の本当の政府が、別の国の地方自治体に法人登記す
    るなんて、ありえない。

    なお、この文章を執筆している最中にも、彼らは、日々、
    おかしな言い訳を発明して、林志昇を守ろうとしている。

    いわく、「AIT(米国在台協会。米国政府の台湾への
    窓口機関)も、同様の登記をした」。

    唖然としてしまう。AITと、一国の政府は格が違う。
    AITは民間の組織である。米国が台湾を国家承認して
    いないから、わざと「民間」の機関を作って、大使館の
    業務を「代行させて」いるのである。日本の「交流協会」、
    台湾の対中国窓口の「海基会」も、いずれも国家そのも
    のを直接代表しているのではなくて、民間の組織という
    建前を取っているのである。そしてこれらは、「協会」
    とか「財団」とか名乗っているのだ。「日本政府」とか
    「中国政府」が、ワシントン特区に対して同じ、登記を
    しているというのか?

    あるいは、法人名称の登録は、「中華民国」を詐称する
    政府が、その名前で登録するのを防ぐためである、と。
    要は、事実上、台湾を統治している政府が、米国の首都
    に対して法人登録し、「台湾政府」という名称を使って
    しまうのを防ぐために、自分たちが登録した、というわ
    けだ。支持者を使ってこう弁解しはじめた。

    一国の本当の政府が、別の国の地方自治体に法人登記す
    るなんてありえないと、最初に指摘されているのにであ
    る。「ああいえば、こういう」式の弁解であり、前提と
    なっている疑問にはまったく答えていない。

    【林志昇集団の支持者は指摘された問題を直視しようとしない】
    このように、林志昇集団の支持者は、指摘された問題を
    直視しようとせず、彼らの組織の正しさを守るために、
    とってつけたような理由によって弁解するのである。ま
    さに、カルト集団のメンバーが持つ、「組織を通して与
    えられた情報や考え方に対しては、疑ってはならない」
    という考え方そのものではないか。

    【陳水扁前総統救出活動?】
    また、林志昇集団は最近、陳水扁・前総統(受刑者)を
    救出するように米国政府に呼びかける声明を発表したが、
    その声明を台湾の自由時報に広告として掲載している
    (今日あたりは、聯合報に出したそうだ)。米国政府に
    呼びかけたいのならば、米国の新聞に広告を出すべきで
    はないか?なぜ台湾の新聞に広告を出したのであろう。

    狭い個室に24時間の照明という人権無視の環境で、心
    身をぼろぼろにされ、現在、病院で拘束されている陳水
    扁・前総統に同情を寄せる台湾人は多くいる。その広告
    を見て、「ああ、台湾民政府はいいことをやっているな」
    と思うのかもしれない。

    そして、ホワイトハウスに請願するネット投票を行って
    いる。その宣伝文句は、「あと○○○○人で、陳前総統
    が救出できる」。

    「請願」には、法的な拘束力がないという常識すらない
    人を騙しているのだ。そもそも、彼らは、以前、米国が
    軍隊を派遣して陳水扁前総統を救出すると語っていたが、
    それはどうなったのだろう。

    【ニュースでその嘘が暴かれる】
    台湾の中天テレビは、林志昇が「民政府の身分証(ID
    カード)を作れば、米国ビザ取得の面接が免除になる」
    と語っている場面と、AIT(米国の台湾におけるビザ
    発給機関)の職員が、「必ず面接は必要です」と語って
    いる場面があるニュースを製作し2012年9月26日
    に放送した。

    台湾のテレビ局ニュースチャンネルはニュースの取材力
    が乏しいためか、同じニュースが、一日中、繰り返し繰
    り返し流される。インターネットでも検索すれば、視聴
    できる。

    這麼神? 「台灣民政府」自製身分證號稱赴美免面試
    〔そんなに霊験あらたかなの?米国ビザ面接免除を謳う「台湾民政府」自製IDカード〕
    http://www.ctitv.com.tw/news_video_c13v98085.html


    【騙されるのは自業自得?】
    通常の判断力があれば確認できるような詐欺を林志昇集団
    は行っている。そして、随時、新しい嘘をでっち上げてい
    る。だから、まともな人は、それを告発しようとする意欲
    を削がれる。「どうしてこんな稚拙な嘘に騙されるやつが
    いるんだ?自業自得だ。」と考えたくなるかもしれない。

    インターネットを使って情報収集をしない老人などが餌食
    になっている。

    【騙しやすい相手を騙すのが詐欺集団の王道】
    林志昇集団は、詐欺である事実を指摘されると、それにつ
    いては、反応せず、嘘を続ける。確かに、騙せない相手を
    騙そうとするより、騙しやすい相手を同じ手で騙すほうが、
    費用対効果が優れているのだろう。それに、名誉毀損で訴
    えでもすれば、逆に、法廷で自分たちの詐欺が明らかになっ
    てしまうという計算もあろう。

    【米国や日本の権威を利用して騙す】
    林志昇集団は、米国や日本の権威を利用する。たとえば、
    皇居一般参賀に参加すると、天皇陛下に認められたとか、
    皇宮警察から大切にされ、最前列に誘導された、とか宣伝
    している。退役した日米の軍関係者、元防衛庁長官などに
    会った写真を見せて、安全保障に関して対話をしたように
    宣伝する。参議院議員会館で議員の秘書に話を聞いてもら
    うと、「参議院を訪問した」と宣伝する。また、CIAと
    か、米国国務省から認められたとか、米軍から旗を送られ
    たとか宣伝しているが、それらの証拠を示せというと、機
    密であるなどと答える。

    彼らは日本で、台湾人が潜在的に日本国籍を持つと主張し
    た。そして、皇居参賀、靖国神社参拝を行うことで、日本
    の保守派に取り入った。そうすると、台湾で、「日本の政
    府関係者に認められている」と宣伝する材料になる。

    ちなみに、米国のある政府機関では、すでに「林志昇集団
    と接触を避けるように」と職員に注意喚起がなされたとい
    う。

    【日本の台湾関係の活動に関わっているように見せかける】
    彼らの研修施設には、台湾研究フォーラムのマークに似た、
    日の丸と台湾が重なったマーク、そしてその横には「日台
    共栄」という文字が印字された旗が掲げられている。これ
    はたしかに台湾研究フォーラムが参加する日本の活動で使
    われていた旗だ。「日本での街頭活動などを台湾民政府が
    自らの活動と見せかけようとしている」というのが関係者
    の見方である。

    【米国軍事政府?】
    林志昇集団は、米国軍事政府が台湾に存在すると言ってい
    る。その旗もあるという。そして、米国軍事政府が台湾民
    政府に台湾を移管するのでそれに備えるというような話を
    している。しかし、その軍事政府なるものは、法律的に考
    えて、存在するべきだということしか示されていないのに、
    存在している、と論理が飛躍する。主張に過ぎない。仮に、
    実態として存在しているのであれば、そのトップは誰なの
    か?どんな兵力がどこに駐屯しているのか。米国はどのよ
    うな予算措置を行っているのか?

    ちなみに、彼らの「政府庁舎」では、いろんな旗を揚げて
    いる。その一つが、「米国軍事政府」の旗である。何通り
    もあるので、いちいち構いたくないが、そのひとつは、
    「美國軍事政府台灣旗(Flag for USMG in Taiwan)」で
    ある。米国の国旗に、緑の台湾が描かれている。ネットに
    よると、林志昇集団の「[登β]芬慧」のデザインだそうで
    ある。どうして米国軍事政府の旗を、林志昇集団がデザイ
    ンできるか、これもおかしな話であるが、米国の国旗の星
    の数は、米国の州の数の増加に合わせて変わっているのに、
    その歴史と合ってないと指摘されている。

    ちなみに、彼らは、USMG(米国軍事政府)とか、TCG(台
    湾民政府)という略号を良く使う。このような略号を使っ
    て、人々を煙に巻き、自分たちだけが物知りであるかのよ
    うに振舞っている。この点は、「共同体内部でのみ通用す
    る言葉を多く持っている」というカルトの特徴に合致して
    いるともいえる。

    【本当に政府?】
    林志昇集団は、自分たちが、「政府」だと主張している。
    とてもたくさん、「大臣」がいる。が、いったいどのよう
    に、予算を立て、行政サービスを行っているのか?

    「中華民国体制」を拒否し、そのために選挙ボイコットを
    他者に求めるのであれば、「中華民国」体制への税金の納
    付などをまず自分が拒否したらどうか。

    【新しい名前は「台湾政府」!】
    最近、彼らは、「台湾政府」という名前に改名して、喜ん
    でいる。そもそも、林志昇の「米国平民政府」と、彼の
    「台湾民政府」、どうして名前が、コロコロ変わるのか?
    「民政府」とか、「平民政府」というのは、軍事的には
    「米国に占領されている」が、かつて米軍占領下の琉球政
    府のように、行政を担当する文民の政府という名前の付け
    方である。

    「台湾政府」になったのなら、どのように実態が変わった
    というのだろうか?軍隊を持てるようになった?もし、今、
    「台湾政府」と名乗れるなら、どうして、最初からそう名
    乗らなかった?「台湾民政府」という名前で、詐欺を続け
    ることが難しくなってきたから、名前を変えたのだろうか?

    【自製ナンバーの話】
    ところで、彼らは、自分たちで車のナンバーを作って車両
    に取り付けそれをビデオで撮影してネットに載せたりして
    いる。でも、画像は近くからの撮影で、正規のナンバープ
    レートがついていないことを確認できないものもあるし、
    そもそも公道を走行しているのではなく、停車中の映像だ。

    実は、台湾では他にも「台湾国委員会」などの独立派団体
    が、そのようなことを行っている。「台湾国委員会」と警
    察に取材したニュース報道によれば、これは罰金がかかる
    という。「台湾国委員会」の熱烈な支持者は、実際にこれ
    で公道を走行し、警察官が違法であることを指摘すると、
    警察官に対して主権論議をして、罰金支払い義務がないと
    主張するのだそうだ。林志昇集団のやっていることは二番
    煎じである。

    【林志昇は、「ROC」パスポート使いたくないから出国しない?】
    ところで、彼らが大勢で日本へ来る際に、林志昇は、台湾
    を出ない。「中華民国」のパスポートを使いたくないから
    だと言われている。たしかに、彼らは「中華民国体制」を
    拒否するために選挙ボイコットを呼びかけている。では、
    どうして大勢の信者たちは、「中華民国」のパスポートで
    日本へ入国するのか?かつて林志昇集団のウェブサイトを
    担当し、いまは脱会し、インターネットで「民政府」の問
    題を詳細に暴露している「櫻川武蔵」氏によれば、林志昇
    は税金滞納により出国が禁止されているということだ。

    「櫻川武蔵」氏の告発サイト(最新):
    http://taiwanheart.ning.com/profile/yingchuanwucang

    「櫻川武蔵」氏の告発サイト(旧):
    http://tw01.org


    【嘘を見抜いた石戸谷慎吉氏】
    なお、石戸谷慎吉氏は、はじめは台湾民政府の靖国神社、
    天皇陛下に対する態度に感動し、日本人台湾民政府協力会
    の会長となった。そして、自身の人脈から米国の軍関係者
    などを紹介したという。しかし、のちに民政府が靖国神社
    を宣伝に利用しているにすぎないことや、実際には米国の
    政軍関係者と人脈がないことを見抜き、本誌に"さよなら
    「台湾民政府」"と題した訣別宣言を寄せた。これは、自
    身が林志昇集団に協力したために、いろんな日本人を林志
    昇集団に紹介し、彼らが引き続き林志昇集団に利用され続
    けているのに心を痛めてのことである。

    「台湾の声」【読者便り】さよなら「台湾民政府」(2013/03/21配信)
    http://www.emaga.com/bn/?2013030001864535001831.3407

    【批判・疑問に対する彼らの逃げ方】
    林志昇集団の信者たちは、台湾独立派の人たちを勧誘しよ
    うとする。最近の例では、自らが同集団の役職についてい
    るにもかかわらず、そのことを隠して接触してくるケース
    が見られる。他人を説得して自分たちが正しいと認めさせ
    ようとする。もしこちらが林志昇のこれまでの行為と言論
    の矛盾などについて指摘すると、こんどは、「それは人の
    問題であって、理論の問題ではない。」といって、なんと
    か認めさせようとする。もし、こちらが強く批判すれば、
    「協力しないなら、それでかまわないのに、批判するのは
    何か企みがあるのではないか」などといって、批判を封じ
    ようとする。そして、もし彼らへの非協力者が、彼らにとっ
    て敵に仕立てる格好の相手であるときは、公開で口汚く罵
    る。

    【落選したのに当選を宣言した林志昇】
    林志昇が、どんな人物か、理解していただくために、ちょっ
    と調べれば、わかるエピソードを一つ紹介しよう。

    2006年12月、林志昇は、「保護台湾大聯盟」という
    党から、高雄市長選挙に出馬し、1746票という最低得
    票で、あっけなく落選した。ところが、その結果を見た林
    志昇は、なんと、「アメリカ台湾平民政府(美国台湾平民
    政府)」という名義で、自分が高雄市長に当選したと宣言
    したのである。また、「保護台湾大聯盟」から高雄市議会
    議員に出馬して、落選した5名の候補者についても、同じ
    ように「当選した」と宣言したのだ。お話にもならない。
    その選挙で本当に当選したのは、陳菊市長である。いまも、
    陳菊さんが市長だ。ところで、林志昇は、当選した市長の
    仕事をちゃんとやっていたのだろうか?彼のいう「高雄市」
    は、いまどうなっているのだろう。

    【人間性こそ問題】
    彼らの「理論」は、それまでに言われていたことを寄せ集
    め、せいぜい、論理を飛躍させたものに過ぎない。「中華
    民国体制」を否定することは、台湾独立を求める人々の耳
    に心地よく聞こえる部分があることは否めない。しかし、
    実は、「人の問題」は大切である。「中華民国憲法」は、
    民主的かもしれないが、蒋介石が台湾人を処刑するように
    命じたとき、その憲法は遵守されなかった。中国の憲法も、
    絵に描いた餅になっている。社会主義の理想は多くの知識
    人たちを魅了したが、ソビエトや中国そしてクメール・
    ルージュ、北朝鮮がいったいどんな理想社会を建設したと
    いうのか?

    彼らの主張の問題点は、次のように例えられる:「あなた
    は法律によれば結婚できるのだ。私はその相手として法的
    に認められた。だから私があなたの結婚相手だ」。

    【台湾の民主主義的な制度がボイコットの対象?】
    台湾の政府が、自らを「中華民国」と詐称しているのは間
    違いである。しかし、台湾人が直接選挙で総統を選ぶこと、
    あるいは議員や、市長を選ぶことは民主主義の行使であり、
    選ばれた総統は台湾総統と呼ぶにふさわしいのだ。むしろ、
    Republic of Chinaの総統を名乗る権利こそ、ない。林志
    昇集団は、総統選挙ボイコットを主張しているが、台湾の
    民主制度は、ボイコットされるべきものではないのだ。


    【IDカードが詐欺だったとしても1000台湾ドルにすぎない?】
    1000台湾ドルは、台湾の物価にしたら、結構な金額で
    あるが、たしかに、それ自体は、詐欺と騒ぎ立てる金額で
    はないかもしれない。しかし、もし彼らを信用して1000台
    湾ドルを払った被害者の被害はそれだけで済むのだろうか?
    研修を受けるにも金がかかる。あるいは新聞に広告を出す
    から資金が必要だと、寄付を呼びかけているかもしれない。
    もし単純な経済的な詐欺だとすれば、一度、騙せた人間は
    騙しやすいとして何度もしゃぶられるのであろう。あたか
    も日本では詐欺に遭った「カモ」の名簿が闇で流通してい
    るのと同じ原理である。

    【奪われるのは金銭だけ?】
    実は、金銭だけではない。台湾に詳しいはずのある日本人
    が、台湾ではもう228事件の活動が行われていないと公
    言していた。その人は、3月に台湾へ行って、林志昇集団
    の関係者と会ってきたらしい。本誌でも報道したように、
    今年は「三月大虐殺を忘れるな」というテーマで、民進党
    や台聯の主席、蔡英文氏も参加したデモ行進が行われたの
    だ(3月1日配信「【現地レポート】再び228事件を起
    こしてはならない」)。林志昇集団は、このようにして、
    台湾人が台湾国の実現のために努力をしていないかのよう
    なイメージを、その日本人に与えるのに成功した。

    【彼らは台湾独立派を攻撃し、日台関係を破壊する】
    そして彼らは民進党や、台湾独立建国聯盟、そして、米国
    でロビー活動などを行っている台湾人公共協会(FAPA)
    などを敵視し中傷している。

    中傷されたほうの団体は、これまで、林志昇集団を批判し
    たことはない。そもそも取り合っていない。民進党や台独
    聯盟、台湾人公共協会の功績は、かれらに批判されたくら
    いで否定されるほど儚いものではない。

    しかし、林志昇集団は、台湾の独立派の人々から金と勢力
    を奪い取り、それを利用して他の独立派の団体を中傷・攻
    撃し、独立派が団結して台湾をリードすることを阻害して
    いる。

    日本にとって台湾は生命線であるが、中国に呑み込まれた
    くない台湾人にとっては、日本や米国が命綱である。とこ
    ろが、林志昇集団は、台湾と日本そして米国の間に入り込
    み、台独聯盟やFAPAの力を削ごうとしている。日本語
    の堪能な、黄恵瑛や陳辰光、あるいは、林志昇集団に協力
    する日本人が、台湾に興味を持つ日本人におかしな情報を
    吹き込んでいる。彼らがもし、このまま増殖し続ければ、
    日本と台湾の関係にとって大きなダメージを与えるかもし
    れない。

    前述の「櫻川武蔵」氏が、林志昇と訣別したきっかけになっ
    たのは、林志昇の指示が書かれたメールである。そのメー
    ルでは、民進党、台湾独立建国聯盟(原文は「台湾独立建
    国」)、台湾人公共事務協会(FAPA)を敵だと名指し
    している。これに違和感を持った「櫻川武蔵」氏は、脱退
    し、反林志昇の急先鋒となった。

    「中華民国体制」に反対する有能な人たちの一部さえ、林
    志昇集団に騙されてしまっている。彼らは、台湾独立建国
    への夢、精力、財産を無駄にせず、一日も早く目を覚まし
    て、林志昇と訣別し、台湾独立建国運動に戻り、力をあわ
    せて「中華民国体制」を倒すべきではないか。

    まだまだ多くの人が騙されているときに、その問題を知っ
    ている者が声を挙げないでいることは、犯罪の片棒を担ぐ
    ことになってしまう。そこで皆様に、注意を呼びかける次
    第である。


    『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html






    「台湾の声」【読者便り】さよなら「台湾民政府」

    【読者便り】さよなら「台湾民政府」   


                   石戸谷 慎吉

    2008年、前台湾民政府主席と始めて会った。これが台湾民政府との最初の出会いだった。早稲田大学で修士、ウイーン大学で法学博士、李登輝さんの部下で、法務部長、そして、日本の最高裁判所の副長官だった。私が台湾民政府に協力しだしたのは城仲模主席から、曽根憲昭主席に替わった2011年になってからである。突然、電話があり協力を要請された。前駐日代表の許世偕さん、NY市立大学教授の陳隆志さんの相婿の方とは昔から聞いていた。

    昨年2月、3月台湾民政府の招待で訪台した方達から、台湾民政府の宣伝に使われたとの苦情が多くあった。

    同時に、台湾民政府秘書長の林志昇氏は「日本で博士号を修得したと自称しているが、真っ赤な嘘だ。」と日本で博士号を修得した方から言われた。記録を調べたが一切記録は無かった。また、台湾独立建国聯盟のかたから、「訪台したときに会いたいと言われて会ったが、虚偽宣伝を広められた」と言われた。

    台湾民政府は米国に認められていると主張するが、米国務省では一切痕跡は見つからなかった。知人の記者に在米台湾協会(AIT)を訪ねて聞いて貰ったが、「一切、関係はありません」と言われたと連絡があった。

    林志昇氏は「CIAと交渉している」と言っているが、今時、CIAの名前が出るなど100% 詐欺話だ。

    5月13日に日本会議主催で沖縄祖国復帰40周年の日本会議主催の集会があった。台湾民政府代表団19名が参加したが、トラブルがあったと知らされた。

    確かに、林志昇の沖縄問題理解には致命的な問題が有る。天皇伝統理解にも日本人が受け入れがたい致命的な問題がある。

    今では、林志昇氏はオウムインチキ教の麻原の様な男で、台湾民政府はその信者のカルト集団だと考えざるを得ない。

    3,000 名ほどのグループだが、虚偽宣伝を繰り返しているので、大きくなる見込みはない。

    確かに、台湾の法的地位は未定である。そんなわけで、台湾法的地位研究会を設立した。




    『台湾の声』 http://www.emaga.com/info/3407.html