台湾の声バックナンバーを検索(先頭に検索語を付け加えてください)

説明

  • このブログでは2007.9.22より、主に『台湾の声』のバックナンバーを掲載しています。
  • (このブログ設置以前のものを含む)バックナンバー一覧http://www.geocities.jp/taigu_jp/koe/
  • 未収録の最新の分はこちらhttp://www.emaga.com/bn/bn.cgi?3407をご覧ください。
  • 2015年3月21日土曜日

    「台湾の声」【ヘンリー・ストークス、加瀬英明特別対談】「東京裁判史観の受け入れは愚かだ」

    【ヘンリー・ストークス、加瀬英明特別対談】「東京裁判史観の受け入れは愚かだ」


    (国民新聞平成26年9月25日号掲載)



    『英国人記者が見た 連合国戦勝史観の虚妄』(祥伝社新書)がロングセラ
    ーになっています。著者はニューヨーク・タイムズ元東京地局長のヘンリー・ストークス氏。共同通信は5月、本書を貶めるために翻訳者が「南京虐殺を否定、無断で加筆した」という捏造記事を配信しました。

     「国民新聞」にストークス氏と共著『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』(祥伝社)を著した外交評論家、加瀬英明氏との対談が掲載されました。
     ストークス氏は、共同通信捏造記事について反論するとともに、南京事件について、そして東京裁判等について対談で語っています。

    日本語原文はこちらです。http://hassin.org/01/wp-content/uploads/HSKASE.pdf
    英文は下記の通り発信しました。

               「史実を世界に発信する会」茂木弘道

    Special interview with Mr. Henry Stokes and Mr. Kase Hideaki
    It was utterly stupid to accept
    the Tokyo Trials' Views of History

    The book entitled Falsehoods of the Allied Nations' Victorious Views of History, as Seen by a British Journalist (Shodensha, New Books) has now become a best seller. The author is Mr. Henry Scott Stokes, former Tokyo Bureau Chief of The New York Times.

    In May this year, the Kyodo News distributed a fabricated article claiming that the translator "added lines to deny the Nanking Massacre without the author's consultation," in order to disgrace this book. Mr. Stokes talks with Mr. Kase Hideaki, who co-authored Why did the United States Wage a War against Japan with Mr. Stokes (published by Shodensha).

    Mr. Stokes completely denies the Kyodo News article explaining the issue in detail. The talks are concentrated on the Nanking Massacre and the Tokyo Trials/

    *Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/123_S4.pdf

    Questions are welcome.

    Sincerely,

    MOTEKI Hiromichi, Secretary General
    for KASE Hideaki, Chairman
    Society for the Dissemination of Historical Fact
    Phone: 03-3519-4366
    Fax: 03-3519-4367
    Email moteki@sdh-fact.com
    URL http://www.sdh-fact.com
    Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.


    20141005

    0 件のコメント: